神戸に内定したDF宮大樹

写真拡大

 ヴィッセル神戸は23日、来季の新加入選手としてびわこ成蹊スポーツ大のDF宮大樹(4年=清明学院高)が内定したことを発表した。

 昨年9月、JFA・Jリーグ特別指定選手に承認され、神戸の選手として登録されていた。神戸は宮について、「サイズと身体能力の高さを活かした守備力と左足からの長短距離の精度の高いフィードで攻撃の起点にもなれるセンターバック」とプレーの特徴を説明した。

 クラブを通じて宮は「この度、びわこ成蹊スポーツ大学から来シーズン加入することになりました、宮大樹です。プロとしてのキャリアをヴィッセル神戸という素晴らしいクラブで始められる事を大変嬉しく誇りに思います。今まで支えてくれた指導者、仲間、そして家族、すべての方々に感謝しています。謙虚に直向きに、努力し続け、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントした。

プロフィールは以下のとおり

●宮大樹

(みや・だいき)

■生年月日

1996年4月1日(21歳)

■出身地

大阪府豊中市

■身長/体重

186cm/82kg

■ポジション

DF

■サッカー歴

大阪セントラルFCジュニア-大阪セントラルFCジュニアユース-清明学院高-びわこ成蹊スポーツ大

■代表・選抜歴等

2017年(2016年度):全日本大学選抜