内田(中央)はミラン退団を発表した本田(左)と代表で再びプレーすることを誓った。(C)Getty Images

写真拡大

 ドイツ・ブンデスリーガの全日程を終えて帰国したシャルケの内田篤人が5月23日、成田空港で取材に応じ、21日に今季限りでのミラン退団を発表した本田圭佑についての想いを語った。

 21日のボローニャ戦(セリエA37節)で直接FKからゴールをマークした本田だが、今季出番は国内リーグで7試合、うち先発出場はわずか1試合とベンチを温め続ける屈辱のシーズンを送っていた。
 
「まあ出場機会があったりなかったり、厳しい中でしたけれど、本田さんはやっぱりブレないので、練習ももちろん100パーセントでやっていただろうし、僕は何も連絡とってないんで分からないんですけど、ミランで10番背負える人ってやっぱり凄いですよね。これからどこのチームに行くのかは知らないですけど、ちょっと電話して聞いてみます」
 
 “これからの本田”について問われた内田は、「あの人、本番に強いんでね。やってくれると思っていますし、またもう一度一緒にプレーしたいなと思う。それには、僕がもう一回這い上がらないといけないんでね。負けないように頑張ります」と長年に渡り日本サッカーを引っ張ってきた“僚友”と再びプレーすることを熱望した。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

取材・文:井本佳孝(サッカーダイジェストWeb編集部)