(左上から時計回りに)武田杏香、
杉本桃花、牧原ゆゆ、藤田恵名

写真拡大

 講談社が主催する国内最大規模のオーディション「ミスiD2017」のグランプリに輝いた武田杏香、同じくミスiD2017受賞者の杉本桃花、藤田恵名、牧原ゆゆが主演する映画「血を吸う粘土」が、今夏に東京・キネカ大森で開催の「夏のホラー秘宝まつり2017」で上映されることが決定した。

 「映画 妖怪人間ベム」「のぞきめ」などの特殊メイクアーティストとして活躍し、オムニバスホラー「ABC・オブ・デス2」にも参加した梅沢壮一による長編初監督作品。地方の美術専門学校で、人間を取り込む呪いの粘土“カカメ”の封印を解いてしまったために起こる、阿鼻叫喚の地獄絵図を描いた。

 アイドルオーディション「ミスiD2017」で見出された新機軸の若手注目株・武田&杉本&藤田&牧原が主演し、ほか「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の篠田諒、「沈黙 サイレンス」「昼顔」の黒沢あすか、「シン・ゴジラ」などの津田寛治らが共演。また藤田はシンガーソングライターとグラビアアイドルを融合した“シンガーソングラドル”として活動し、アルバム「EVIL IDOL SONG」でのヌードジャケットが話題を集めており、今作の主題歌も担当している。

 「ホラー秘宝まつり」は、キングレコードが展開するレーベル「ホラー秘宝」が主催し、14年に初開催。多くのファンから「観客参加型のホラー映画祭」と人気を博しており、4回目を迎える今年は「夢みるアドレセンス」が主演した映画「『超』怖い話2」、人気心霊ドキュメントシリーズの新作「怪談新耳袋Gメン 復活編」などがラインナップされている。