newproduct_20170523_olympusOmd_I.jpg

写真拡大

大賞は「オリンパス OM-D E-M1 Mark II」

受賞機種一覧

  • 大賞:オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」
  • レンズ賞:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」
  • あなたが選ぶベストカメラ賞:オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」
  • カメラ記者クラブ賞:ニコン「D500」& 富士フイルム「GFX 50S」

カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2017」の各賞が発表された。今年は、大賞、レンズ賞、あなたが選ぶベストカメラ賞で、オリンパスが三冠となった。2016年4月1日〜2017年3月31日に発売された製品を対象に、総勢49名の選考委員によって選ばれた。

最も優れたスチルカメラを選ぶ「大賞」では、オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」が受賞。高い連写性能に加え、AF性能アップによる動体追従性の向上、強力な手ブレ補正機構、防塵・防滴性能などを兼ね備え、プロ/アマ問わず幅広いシーンで使える点が評価された。

最も優れた交換レンズを選ぶ「レンズ賞」では、オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」が受賞。高倍率ズームレンズでありながら高い性能を兼ね備え、被写体や撮影場所を選ばないオールラウンダーなレンズだ。

読者のWeb投票によって決まる「あなたが選ぶベストカメラ賞」も、オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」が受賞。デジタル一眼レフに匹敵する高性能を実現した点などが評価されている。

カメラ記者クラブ会員により、大賞受賞製品を除くすべての写真製品・機材を対象に、大衆性、話題性、先進性に優れた製品を選ぶ「カメラ記者クラブ賞」は、「D5」から継承したAFセンサーなど充実の基本装備を持ちながら、一般ユーザーでも手の届く価格帯のニコン「D500」と、APS-CのXシリーズカメラで培った経験を中判ミラーレスという規格で実現した富士フイルム「GFX 50S」が受賞。


お問い合わせ先:カメラ記者クラブ