江宏傑選手

写真拡大 (全2枚)

(東京 23日 中央社)卓球台湾代表の江宏傑選手が22日、東京都内で日本リーグ男子2部の琉球アスティーダへの入団会見を行い、「自分の力を出して好成績を収め、チームに貢献したい」と意気込みを語った。妻の福原愛さんからのアドバイスについて聞かれると「緊張しないで。力を発揮すればいいから」とエールを送られたことを明かした。

江は「日本がとても好き。日本の選手は強く、リーグもレベルが高い。自分をしっかり鍛えられると思う」と琉球アスティーダを選んだ理由を説明。同チームから声が掛かった時はほぼ二つ返事で承諾したという。

最近ツイッターを始めた江。現在フォローしているのは福原のアカウントのみで、実はまだ慣れていないと告白した上で、日本の卓球ファンと交流できればと期待をのぞかせた。福原からは早く日本語を覚えるよう言われているという。最近覚えた言葉を尋ねられると「お腹が空いた」と日本語を披露してみせた。

江の契約は2年。6月7日に開幕する前期日本リーグ松江大会で日本デビューする予定。

(楊明珠/編集:名切千絵)