「スプライト エクストラ」

写真拡大

スカッ!と弾ける炭酸の刺激と、レモン&ライムフレーバーのスパイシーな味わいが特長の「スプライト」に、機能性をプラスしたカロリーゼロの商品が新登場だ。

コカコーラシステムは2017年6月5日、特定保健用食品(トクホ)「スプライト エクストラ」を全国で発売する。

1ケースが当たるツイッターキャンペーンも展開

英語のSpirit(元気の意)とSprite(妖精)から名づけられた「スプライト」は、さわやかな清涼感やすっきりとした飲み心地が売りの、ノンカフェイン炭酸飲料だ。1971年の日本発売以来、幅広い層に支持されている。

スプライトから初めて出るトクホ飲料の「スプライト エクストラ」は、難消化性デキストリンが製品1本(470ml)当たり5g配合され、1日当たり1本を食事と一緒に飲用することで、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする。

クリア感がありながらもほどよく甘く、渇いたのどを潤したいときにピッタリ。脂っこい食べ物はもちろんのこと、スパイシーな食事との相性も抜群だ。希望小売価格は158円(税別)。

今回の発売に先行して、コカコーラシステムは1ケースプレゼントキャンペーンを5月28日まで実施中。「スプライト」ツイッター公式アカウント(@SpriteJapan)をフォローして対象投稿をリツイートし、応募フォームに必要事項を入力すると、抽選で50人に「スプライト エクストラ」470mlPET1ケース(24本入り)が当たる。詳細は同ツイッター公式アカウントまで。