ロードバイクのメンテナンスの基礎知識を伝授するコーナー。今回は、「ブレーキパッドの交換(シマノ他)」のやり方についてレクチャーしていきます。キャリパーブレーキのブレーキシューと同様に、ディスクブレーキに使用するブレーキパッドは消耗品。パッド面が擦り減ってきたら交換が必要なパーツです。

 

【使用する工具】

ブレーキピストンツール、アーレンキー、マイナスドライバー、ラジオペンチ

 

【スナップリングを外す】

ディスクブレーキは、ブレーキパッドがブレーキローターを挟み込むことで制動力を得る。ブレーキローターは比較的鋭利なパーツであるため、なるべくメンテナンスグローブを着用のうえ、安全に作業を行いたい。

 

消耗部品であるブレーキパッドの交換は、ブレーキシューの交換と比較してシンプル。ブレーキパッドを固定しているピンには脱落防止用のスナップリングが取り付けられているため、始めにこのスナップリングをラジオペンチで引き抜く。あとはネジ式のピンをマイナスドライバーで外せば、左右のブレーキパッドとスプリングは簡単に取り外すことができる。

 

1.事前にホイールを外しておく。次にブレーキパッドピン脱落防止用のスナップリングをラジオペンチで引き抜く。

 

2.スナップリングを引き抜くことで、ブレーキパッドピンが取り外し可能となる。小さな部品なので紛失しないように注意したい。

 

【ブレーキパッドピンを抜く】

3.ブレーキパッドピンはネジ式となっているため、マイナスドライバーを使用して緩めていく。

 

4.ブレーキパッドピンを引き抜くことで、ブレーキパッドが固定されていない状態となる。

 

【ブレーキパッドを外す】

5.左右のブレーキパッド間のスプリングはすでにフリーな状態となっているため、指で摘めば簡単に取り外せる。

 

【ピストンを押し戻す】

次に、ブレーキパッドを外したキャリパーを確認。大抵の場合、ブレーキパッドが擦り減った分、ピストンが押し出された状態になっている。そのままでは新しいブレーキパッドが装着できないため、ブレーキピストンツール等を使ってピストンを押し戻す必要がある。

 

6.キャリパー内のピストンはブレーキパッドが擦り減った分、押し出された状態になっている。

 

7.ブレーキピストンツール等を使ってピストンを押し戻す。オイル漏れの原因となるため、ドライバーを使用する場合はくれぐれも破損しないように注意。

 

8.ピストンをキャリパーに押し戻した状態。新しいブレーキパッドは厚みがあるため、完全に押し戻しておく必要がある。

 

【ブレーキパッドの取り付け】

取り外したときと逆の工程で新しいブレーキパッドを取り付けたらホイールをセット。

 

9.スプリングを破損しないように気をつけながら、正しい位置にブレーキパッドを組み合わせる。

 

10.左右から指で軽くテンションを掛けながら取り外したときと逆の工程でブレーキパッドを挿入。

 

11.マイナスドライバーでブレーキパッドピンを固定し、スナップリングを取り付ける。

 

【キャリパーのセンター出し】

キャリパーのセンターを出して作業を完了させる。

 

12.キャリパーマウントを固定しているボルトの廻り止めパーツを外す。この樹脂製の部品は工具なしで外せる。

 

13.キャリパーマウントを固定している上下のボルトを、キャリパーが動く程度にアレーンキーで緩める。

 

14.ホイールを取り付けたらホイールが回転しない程度に軽くブレーキレバーを握り、キャリパーマウントのボルトを締め込む。このとき、ブレーキレバーを強く握りすぎるとセンターがずれてしまうので注意。

 

【こちらもチェック】

ブレーキパッドの向きに気をつける

ブレーキパッドはそれぞれ左右で取り付けるものが異なるため、ブレーキキャリパーに取り付ける際は間違えないように注意を払う必要がある。それぞれパッドの裏面にはR/Lの文字が記載されている。