画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●QupZillaの公式サイト

2017年11月にリリースが予定されている「Firefox 57」であるが、機能、UIとも大きく変更される。そのれに対し、別のブラウザを検討している方も少なくないであろう。そこで、本シリーズでは、Firefoxに代わりうるようなブラウザを数回程度、紹介していきたい。

最初は、「QupZilla」である。名前の一部に「Zilla」があるが、当然、Firefoxの開発元であるMozillaを意識してのことであることは容易に推察できるであろう。特徴を一言でいえば、マルチプラットフォームの軽量ブラウザである。

○QupZillaの公式サイト

まずは、インストーラなどをダウンロードするQupZillaの公式サイトを紹介しよう。

最初に指摘したいのは、日本語で紹介が行われている点である。個人ベースのフリーブラウザの場合、こういった言語的なサポートが弱いこともある。FAQも、日本語化されている。

「誤訳の可能性もあります。」と弁明もあるが、このようなサポートがあるだけでも、ありがたいといえるだろう。さらに、リリースの頻度を調べてみた。

開発ブログに、リリースノートに該当する記述がある。ここで、最近のアップデート状況を調べてみた(ページの左側にタイトルがある)。決して「頻繁」といえるレベルではないが、着実にアップデートが行われている。最低限の修正やセキュリティ対策は行われているとみてよいであろう。

すぐさまFirefoxから移行するということもないだろうが、日本語のサポート、アップデートの頻度あたりは、ブラウザ選択にあたっての重要な要素となる。他のブラウザについても同様の確認を行っておきたい。

●QupZillaのセットアップと起動画面

○QupZillaのセットアップと起動画面

QupZillaのセットアップは、まず、ダウンロードページから適切なファイルをダウンロードする。

マルチプラットフォームの通り、Linux系への対応が多いのがわかる。ここでは、左上のWindows版を選択する。ダウンロードしたセットアップファイルを実行する。ウィザードが起動し、セットアップとなる。

特に、難しいことはない。画面の指示通りに進めよう。

セットアップ完了後、起動したQupZillaが図7である。

[戻る]、[進む]ボタンが、Firefox 4を思い起こさせる(このあたりも、意識的であろう)。レンダリングエンジンには、Chromiumエンジンを採用している。実際にページの読み込みなどはよどみない。このあたりは、好感が持てた。検索エンジンは、DuckDuckGoがデフォルトで設定されている。また、独自の広告ブロック(AdBlock)機能を持っている。

海外のサイトでは、かなり正確に広告をブロックしてくれる。国内サイトでは、ブロックしきれないサイトも少なくないようだ。やり方がわかるのであれば、図9の設定画面で、調整することも可能だ。

有名な広告ブロック機能では、随時、フィルタが最新に更新されたり、有志の手による独自のフィルタを使うことができる。QupZillaの広告ブロック機能では、そのレベルに至っていない。新しいタブをを開くと、Speed Dialが起動する。

メニューの構成は、図11の通りである。

普段、バーガーボタンに慣れているのであれば、それほど違和感ないであろう。また、メニューにもあるように、プライベートブラウジングも可能である。

●今後に期待したいQupZilla

○今後に期待したいQupZilla

さて、QupZillaを使ってみての問題点であるが、初期のバージョンでは、以下のような指摘がされていた。

文字化けが起こりやすい

フリーズしやすい

今回、使用したバージョン2.1.2と、筆者の環境では、これらの発生はなかった。しかし、検索用のテキストボックスで、日本語が使えないといった不具合があったことは指摘したい。図7のスタートページ中央の検索テキストボックスなどが該当する(解決策は、ロケーションバーの右にあるの検索ボックスを使う)。

初心者には、このあたりの問題点が残ると使いにくさとして残ってしまうだろう。アップデート、開発のペースもそれほど速いほうではない。ある程度のトラブルに対応可能なパワーユーザーに向いたブラウザといえる。

さらに、FirefoxやChromeからの乗り換えはどうであろうか。現時点では、不都合のほうが多いと思われる。しかし、FirefoxやChromeも最初から使いやすかったわけではない。ユーザーからの要望などに応えることで、進化してきたといえるだろう。まだまだ未発展な部分もあるが、共に歩むくらいの意識で付き合ってみるのもありかもしれない。