会見する趙報道官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は23日の定例会見で、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁強化の動きに関する政府の立場について「米国など安保理の友邦国と北の度重なる挑発に対する対応策を緊密に協議している」と述べた。

 また、話し合いが行われている状況で韓国政府が常任理事国間の協議の具体的な内容に言及するのは難しいと理解を求め、安保理の北朝鮮制裁強化について慎重かつ曖昧(あいまい)な姿勢を示した。
 趙報道官は南北経済協力事業の開城工業団地と金剛山観光の再開についても「政府内でさまざま案が検討されている」と述べるにとどめた。
csi@yna.co.kr