image: Acer プレスリリース


お求めやすく4万円ポッキリ!

Acerは、先日海外で発表されたMRゴーグル「Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の国内販売の予約を開始しました。楽天市場の直営ストアにて予約を受付けており、価格は40,000円(税込)で、2017年8月31日以降にお届け予定となっています。

このAcerのMRゴーグルは、Microsoft(マイクロソフト)と共同で開発した製品で、先日Microsoftが開催した開発者向け会議「Build 2017」にて正式発表されました。廉価にMR(複合現実)が楽しめるのが特長で、モーションコントローラーやゲームコントローラー、マウス、キーボードなどと組み合わせて、コンテンツ作りやアプリ、ゲーム開発に応用できます。

関連記事:
・先人に学ぼう!Microsoftの「HoloLens」とかMRって何ができるの?


Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション
image: Acer プレスリリース

ただし、推奨動作環境は以下のようにかなり高めです。まぁこれからのVR/MRコンテンツ作りにはハイスペックPCは必須でしょうから、ここらで一気に開発マシンをアップグレードしてしまうのも手です。

OS:Windows 10 Creators Update(要ディベロッパーモード)

プロセッサ:Intel Core i7(デスクトップ向け6コア以上)またはAMD Ryzen 7 1700(8 コア、16 スレッド)

グラフィックカード:NVIDIA GEFORCE GTX 980/1060、AMD Radeon RX 480(8GB)以上、など

詳しくは販売ページ下部に記載されています。

なお、製品の出荷時期は8月よりも遅延する可能性があるそうです。待ち遠しいなぁ、MicrosoftとAcerが連携したMRゴーグル。あと、先日発表されたMRゴーグル用のコントローラーの同梱については、販売ページに表記されていません。

top image: Acer プレスリリース
source: Acer プレスリリース, Acer Direct 楽天市場店

(塚本直樹)