『ドクター・ストレンジ』 (C) 2017 Marvel

写真拡大

『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオが贈る、ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作『ドクター・ストレンジ』。神秘的な魔術により、時間と空間の概念を超えた世界を表現するビジュアルに加え、人の命を救う立場にある医師としての葛藤も描いた本作のMovieNEX(4000円+税)が、いよいよ6月2日に発売されるが(現在デジタル配信中)、これを記念しMovieNEXのブルーレイ特典ディスクに収録されるボーナス映像の中から、驚異的なワイヤーアクションの舞台裏を紹介した映像がムビコレ独占で解禁となった。

[動画]解禁となった『ドクター・ストレンジ』ワイヤー駆使したアクションシーン舞台裏

解禁となった映像は、メインキャストの華麗なワイヤーアクション・シーンの撮影の様子が収められたもの。ドクター・ストレンジの先輩魔術師モルド役を演じるキウェテル・イジョフォーは、ワイヤーを使った撮影に「とてもワクワクしたよ」と楽しそうに語る。

ドクター・ストレンジ役のカンバーバッチは、ワイヤーで飛ばされたり宙づりのまま落とされたりなど、ハードな撮影で肉体を酷使させられた撮影を振り返り、「スーパーヒーローだとはとても言えないよ」と苦笑い。彼がワイヤーで壁に打ち付けられる、正真正銘の“壁ドン”映像も見ることができる。

また、悪役カエシリウス役を演じたマッツ・ミケルセンは「ガラスを毎日割っても弁償しなくていいんだ」と、クールな二枚目のイメージとは違ったお茶目な一面を披露。

ほかにもグリーンバックを背景に、カンバーバッチ、ミケルセン、イジョフォーらがワイヤーに吊られながら、肉体を酷使して撮影に挑戦しているシーンが目白押し。「なるほど、あのシーンはこんな風に撮っていたんだ!」と映画ファンには目からウロコの秘蔵映像がたっぷりと収録されている。

このスペクタクルな映像技術満載の本編はデジタル配信で今すぐ視聴可能。またMovieNEXには、ほかにも様々な舞台裏映像や未公開シーン、NGシーンなど、劇場では絶対見ることができない貴重なボーナス映像が収録されている。