国をあげて健康推進運動に励む韓国

写真拡大

 2030年、日本は「世界最長寿国」の座を韓国に奪われる──。今年2月、世界的に権威あるイギリスの医学誌『ランセット』に衝撃的な論文が掲載された。

 英公立研究大学「インペリアル・カレッジ・ロンドン」と「WHO(世界保健機関)」が世界35か国の寿命などを調査・分析。その結果、2030年に韓国が「世界一の長寿国」になると予測したのだ。論文の作成メンバーであるジェームズ・ベネット博士が解説する。

「この平均寿命は各国の死亡率の経年変動と、ある時点で生まれた人を追跡した『出生コホート調査』による死亡率を、統計上の公式に当てはめて算出したものです。

 その結果、2030年時点に生まれた新生児では、韓国の女性が世界で初めて平均寿命が90歳を超え(90.82歳)、男性も84.07歳で世界一になることが予想されます」

 一方、「長寿大国」としてランキングトップに長く君臨してきた日本は女性(88.41歳)が韓国、フランスに追い抜かれ3位。男性(82.75歳)は現在の5位から11位に転落すると予想されている。ベネット氏が続ける。

「韓国は血圧とBMI(肥満指数)の低さが世界でもトップクラスです。特に高血圧患者が欧米に比べて圧倒的に少ないのが特徴で、韓国は“世界一の血圧正常国”と言えます。また女性の喫煙率も低く、いずれも平均寿命の延びに影響したと考えられる」

 2016年11月、世界200か国の非感染症疾患について調査する科学者ネットワーク『NCD-RisC』が発表したデータによれば、血圧が「正常範囲(上140mmHg/下90mmHg)」を超えた高血圧有病率の割合は韓国が最も低い。ちなみに同調査で日本は8位だった。

 辛いキムチを愛し、タバコも吸うし、酒もよく飲む──日本で一般的な韓国人のイメージからすると意外に思うかもしれない。だが、韓国では近年、国をあげた健康推進運動に余念がない。

 2010年には、国民に塩分を抑えた食生活を呼びかける「減塩キャンペーン」を大々的に展開。5年間で国民の塩分摂取量は19%減少したという。産経新聞ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘氏が言う。

「減塩だけではありません。韓国では近年、肥満予防や禁煙を呼びかける官製キャンペーンが繰り返し行なわれています。目的は日本同様、増加する医療費の削減ですが、その影響もあって韓国人の健康意識は年々急速に高まっています」

 韓国統計庁(2014年)が発表した「日韓比較データ」によれば、韓国人男性の喫煙率は43.3%、女性は3.3%だ。日本人男性の32.2%、女性8.5%に比べると男性はやや高い。だが、20年前の韓国人男性の喫煙率は66.3%(1998年、日本人男性は当時55%)だったことを考えると、大きく減少していると言える。

※週刊ポスト2017年6月2日号