リニューアルで不具合が続出

HJホールディングス株式会社は22日、5月17日に大幅なシステムリニューアルを行った動画配信サービス「Hulu」について、一部のユーザーに動画を正常に再生できない、などの不具合が発生していることを謝罪してる。

 

確認されている不具合は、「動画再生が途中で止まる、画質が荒くなる」「Chromecast(第1世代)の一部において動画が表示できない」「字幕が表示されない」「対応機種の一部Androidモバイルでアプリが動かない」「一部のFireTV Stickでアプリが停止する」「Webサイトのコンテンツ表示が遅い」の6つで、同社は「全力で対応中」としている。

 

今回のリニューアルでは、これまで使用していたドメイン「hulu.jp」から「happyon.jp」に変更。大規模なサービスがリニューアルでドメインを変更するのは稀で、「アメリカを本拠とするHuluから日本版Huluが独立するのでは?」という観測も流れた。

 

奇しくも今回のリニューアルのポイントは“快適な利用”だっただけに、大きくつまずくことになった新生Hulu。早急な対応が望まれる。

発表資料

URL:https://news.happyon.jp/

2017/05/23