<SNS上にはキャサリン妃の実妹ピッパの挙式の写真が溢れたが、最も注目されたのはかわいすぎるあの2人>

イギリスのバークシャーにあるセント・マークス教会で5月20日、キャサリン妃の妹のフィリパ・ミドルトン(愛称ピッパ)が投資会社のCEOジェームズ・マシューズと結婚式を挙げた。

イギリスでは「ウィステリア(藤)姉妹」とも称されるキャサリン妃とピッパ。上へ、上へと伸びていく藤の花から付けられたニックネームで、その名の通りピッパは歴代のお金持ちのボーイフレンドを経て、大富豪の花婿を射止めた。

昨年7月に婚約が報じられたピッパだが、そもそもその発端となったのは、大きすぎる左手の指輪。英テレグラフによれば、結局のところ婚約指輪だったこのリングはアールデコ調のデザインがクラシックな8角形の豪華なデザインで、推定2760〜4140万円と報じられた。

【参考記事】ついに恋愛結婚を受け入れた英王室

【参考記事】30年前ダイアナに託した夢が遂に叶う

ドレスはボッテガ出身デザイナーのブランド

結婚式の目玉と言えばドレスだろう。姉のキャサリン妃は2011年にウィリアム王子と式を挙げたが、このときに着用したアレキサンダー・マックイーンのドレスは約3620万円。ブランドの職人には当初、キャサリン妃のということは伏せられ、「テレビドラマの衣装に使われることになっていて、お金はいくらかかっても構わない」と伝えられていたという。

そして今回も、メディアは早くからピッパがどこのブランドのドレスを着るか注目していた。イギリス拠点のブランドに発注すると踏んでいたため、候補は3つまで絞られていた。キャサリン妃も選んだことで知られるアレキサンダー・マックイーン、2003年にロンドンで初コレクションを披露して以来ロンドンのファッションシーンに欠かせない存在となったジャイルズ・ディーコン、そしてヴィクトリア・ベッカムだ。

直前まで様々な憶測が飛び交ったが、最終的には、当初から本命視されていたジャイルズ・ディーコンに軍配が上がった。ベールは、「世界で最も美しい帽子メーカー」ともされるスティーブン・ジョーンズのものだった。


ドレスを手掛けたディーコンは日本では知名度が低いかもしれないが、イタリアブランドのボッテガ・ヴェネタのブランドイメージを一新したことで高い評価を受けている。

テレグラフ紙によれば、同ブランドの価格帯はビスポークドレス120万円〜、イブニングドレス350万円〜、ウェディングドレスは1740万円〜という。実際の値段は明らかになっていないが、クチュールのドレスであることから金額は青天井だと考えられる。ちなみに英デイリーメールはドレスの予算を約4450万円と予想している。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部