次節の札幌戦で『値段のないスタジアム』チケットを販売する鳥栖。クラブとサポーターが一体となっての取り組み自体が、プライスレスだ。写真:小倉直樹

写真拡大

 サガン鳥栖が前代未聞の企画を打ち出した。
 
 5月27日のJ1リーグ・13節、コンサドーレ札幌戦(19時キックオフ)で、本拠地ベアスタの自由席を中心に、一夜限りの『値段のないスタジアム』チケットを販売する。
 
 クラブの公式HPに、その概要と熱い想いが記されている。以下を参照。

 
その夜、値段を決めるのはあなたです。
第1弾 一夜限りの『値段のないスタジアム』
チケット販売

これは選手から、ファンへのお願いです。
最高のスタジアムで私たちに力を貸してください。

監督、選手は満員の雰囲気が忘れられません。
『満員のスタジアム』でもう一度戦いたいという選手の願いを叶えてください。

その為に『値段のないスタジアム』
チケットを販売致します。

購入の際にチケット代はいただきません。
試合内容、サガン鳥栖選手の姿に
ご満足いただいた方は、
お帰りの際にあなたの満足したお値段を入場口の
【ボックス】にてお支払いください。

このチケットの値段を決めるのは『あなた』です。

これは選手とサポーターが作り出す、
『満員のスタジアム』への挑戦です。
 
 はたして、当日のスタジアムは満員御礼となるのか。大盛り上がりのスタンドの声援を受け、勝利を飾ることができるのか。そして、ひとり平均で「いくら」支払うのだろうか──。興味の尽きない1日になりそうだ。
 
 対象席種などの詳細は、サガン鳥栖公式HPでご確認を。売り切れ御免!