防弾少年団(BTS)がレッド・カーペットでファンへ感謝、「朝からずっと待っていてくれて」

写真拡大

 防弾少年団(BTS)が、2017年5月21日に開催された【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)で、並み居る北米アーティストたちを退けて<Top Social Artist>を受賞した。ファン投票で決定する同部門には他に、ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメス、アリアナ・グランデ、ショーン・メンデスがノミネートされていた。

 米ラスベガスT-Mobileアリーナで行われた授賞式前のレッド・カーペットで彼らをキャッチした米ビルボードが、彼らを一目見ようと会場前に並んで待っていた熱心なファンについて聞いた。

 彼らは、「この暑い中、朝からずっと待っていてくれたんだ。決して楽なことではないから、僕らはとてもありがたいと思ってる。ああいうファンがいてくれて僕らはとてもラッキーだ」と感謝の言葉を述べた。

 BBMAsという米国の賞にノミネートされたことについて聞かれると、「初めての体験なんだ。クレイジーだよ!だってビルボードだよ?これまでに何回耳にしたか分からないよ。幼い頃から……自分たちが小学生だった頃から知っていた大きな賞だから、参加できていることがとても光栄だし、クレイジーだ」と興奮冷めやらない様子でコメント。そして、「2013年に韓国で初めて授賞式に出た時もレッド・カーペットでガチガチに緊張したけど、BBMAsでもまるで新人に戻ったような気分だな」とおどけて見せた。

 北米ツアーの可能性について聞かれると、「実は終わったばかりなんだ。5つのアリーナ公演。ぜひ来年戻ってきたいね」と答えた。