元TEENTOPのL.JOE、ビョンホンという芸名で役者活動をスタート…演劇「スペシャル・ライアー」に出演

写真拡大

TEENTOP出身のL.JOEがビョンホンという名前で本格的な役者活動に乗り出した。

昨日(22日) 午後、ソウル大学路(テハンノ) ドンスンアートセンターのドンスンホールで行われた演劇「ライアー」の20周年記念スペシャル公演「スペシャル・ライアー」のプレスコールでは、L.JOEがビョンホンという名前でステージに立った。

彼は「『ライアー』の公演は初めてだ。最初はとても幸せで楽しい気持ちで練習室を訪ねたが、帰る頃にはストレスがたくさん溜まっていた」と告白した。

続いて「僕にとっては大きな試練だったけれど、公演を通じて観客の皆様と良い思い出を作り、幸せな気持ちで帰りたい」と話した。

また「まず、僕が合流する前は、平均年齢が高かったとすれば、僕が合流して平均年齢を少し低くしたのではないかと思う。僕は爽やかな魅力で行く」と自己PRをした。

「ライアー」は避けられない嘘によって騙し合う状況と、自分のついた嘘に自分が騙される爆笑を誘うキャラクターたちで、始終笑いが絶えない戯曲の秀作で、韓国の演劇の歴史でもある国民的な演劇だ。今年上演20周年を迎えて、スペシャル公演「スペシャル・ライアー」というタイトルで上演される。

イ・ジョンヒョク、アン・ネサン、ウ・ヒョン、ホン・ソクチョン、オ・デファン、クォン・ヒョクジュン、キム・ウォンシク、キム・グァンシク、ソ・ヒョンチョル、アン・セハ、Shoo、シン・ダウン、Brown Eyed Girlsのナルシャ、ソン・ダムビ、ビョンホン(L.JOE) などが出演し、本日(23日) から7月30日まで、ソウル・ドンスンアートセンターのドンスンホールで上演される。