画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ケンコー・トキナーは6月16日に、手軽に天体撮影ができるポータブル赤道儀「スカイメモT」を発売する。ブラック / シルバー / レッドの3色を用意。価格は39,000円(税別)。

「スカイメモ」シリーズの新ラインナップとなる、手のひらサイズのコンパクトポータブル赤道儀。無料のスマホアプリ「スカイメモT」(iOS用/Android用)と連携することで北極星の位置をピンポイントで把握し、極軸合わせが簡単に行える。

星景撮影で使用する「恒星モード」など、5種類の追尾モードを搭載。地上の景色と星空を同じフレームに収めて撮影する「0.5倍速追尾モード」では、地上の景色がズレにくく美しい作品を撮影できる。恒星以外の撮影(月食時や日食時)にも対応可能。

別途カメラ接続ケーブルを用意して一眼レフカメラと接続すれば、一定間隔でシャッターを切り続けるインターバル撮影が行える。微速度撮影に対応した「タイムラプスモード」も搭載。搭載可能重量は約3kg(パーツ・ウエイト含む)。電源には単3形乾電池×2本を使用、連続使用時間は約24時間。

付属の極軸望遠鏡で正確な極軸合わせが行えるほか、極軸合わせをサポートする明視野照明装置も標準で付属する。本体サイズはW76×D70×H103mm、重量は約650g。