Safariのページのスクロール速度が、今後のアップデートで変更される予定であることが判明しました。

Safariの仕様を今後変更か

Safariでページをスクロールする際の速度は、現在は「UIWebScrollView」という仕様に基づいています。しかし、今後は「UIScrollView」という別の仕様に基づいたものに変更される予定です。

Googleが提供する『AMP』仕様のウェブページをスクロールするときと同じような感覚で、現在よりもスクロールが速くなると言われています。

以下のウェブページをSafariで開き、スクロールしてみましょう。

通常版:http://www.appbank.net/2017/05/22/iphone-application/1346651.phpAMP版:https://www.google.co.jp/amp/www.appbank.net/2017/05/22/iphone-application/1346651.php%3Famp%3D1

AMPについて詳しく知りたい方はこちら。
→ Googleの検索結果で見かける「AMP」って何?

Safariのアップデートはいつ行われるのか?

Safariがアップデートされるタイミングでスクロールの仕様が変更されるものと思われますが、具体的な日付や予定は分かっていません。

直近では6月発表とみられるiOS 11が有力です。
→ iOS 11・新iPadは6月6日未明に発表か

参考

Scrolling in Safari will be updated to make it faster; more consistent with the rest of iOS [Video] | 9to5Mac