image: Benjamin Geskin / Twitter


お、これ欲しいな!

いよいよ来月に迫ったApple(アップル)の開発者会議「WWDC」ですが、その前に気になるリーク情報です。現在インターネット上にて、10.5インチモデルと12.9インチモデルの新型iPad Proのケースとされる画像が流出しています。




Benjamin GeskinさんがTwitterで公開した今回の画像。どちらも縦長のカメラ用穴が開けられており、新型12.9インチ iPad Proでも「True Toneフラッシュ」が利用できそうです。またマイク穴の場所も、本体裏の中央上部に移動するようですね。

その他にも4スピーカーやLightning端子、そして3.5mmのイヤホンジャック用と思わしき切り欠きも存在します。iPhone 7では内部スペースの節約のために排除されたイヤホンジャックですが、大柄な新型iPad Proではまだまだ健在な様子です。(関連記事:スティーブ・ウォズニアック、iPhone 7にはイヤホンジャックがないとの噂にキレる)

あと、ケースのバリエーションにiPad miniがないのが気になりますね…。The Independentなど一部メディアではiPad miniはディスコン(生産終了)も報じられているのですが、はたして現実になってしまうのでしょうか?

・WWDCは新型MacBook、MacBook Air、MacBook Proのハードウェア祭り!? ホントに出るのはどれだ…
・Apple従業員、自宅で「Siri搭載スマートスピーカー」をテスト中?

top image: Twitter
source: Twitter via MacRumors, The Independent

(塚本直樹)