負傷したワルテル【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20ウルグアイ代表のワルテルが右膝捻挫により、残りのグループステージ欠場が決定。アマラルも左足を負傷し24日に行われる日本戦出場が微妙となっている。22日にウルグアイサッカー協会(AUF)が発表した。

 21日にU-20ワールドカップ(W杯)・グループD第1節の試合が行われ、U-20ウルグアイ代表はU-20イタリア代表と対戦し1-0の勝利をおさめている。試合開始して76分に、ペナルティエリア右手前からのFKをアマラルが直接決めて、そのゴールが決勝点となっていた。

 ウルグアイは初戦に勝利し白星発進。同じくU-20南アフリカ代表との初戦に勝利したU-20日本代表と24日に対戦する。アマラルのFKは脅威だが、場合によっては日本戦の出場を見送るかもしれない。

text by 編集部