『メアリと魔女の花』にピーター役の声で出演する神木隆之介 (C) 2017「メアリと魔女の花」製作委員会

写真拡大

『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督最新作『メアリと魔女の花』で、神木隆之介が新たに声優をつとめることが発表された。

映画公開を記念し『メアリと魔女の花 ジ・アート展』が東京と大阪で開催

本作は、この森にしかなくて、7年に1度しか咲かない禁断の花「夜間飛行」が、かつて、魔女の国から盗み出された禁断の「魔女の花」であったことを知った少女メアリが、一夜限りの不思議な力を手に入れほうきに乗って、雲海がそびえた立つ魔女の国へと飛び立つところから展開していく物語。

これまでに、主人公メアリ役の声を杉咲花が演じることをはじめ、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、渡辺えり、大竹しのぶといった日本を代表する俳優陣が声優をつとめることが発表されている。

そうした中、今回、新たに発表された神木が演じるのは、魔女の花によって不思議な力を手にしたメアリの小さな嘘によって、大事件に巻き込まれてしまう赤い館村の少年ピーター役。米林監督とは『借りぐらしのアリエッティ』以来、2度目のタッグとなる。

そんな神木は、今回の起用に関して「7年ぶりに米林監督と一緒にお仕事をさせていただけると聞いて、すごく懐かしい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいになりました。本当に夢があるストーリーで、メアリの奔放さだったり、ピーターの真っ直ぐさだったり、ちいさな勇気が大きく何かを変えるパワーを持っているということを感じました。見終わった後に、きっと笑顔になれる素敵な作品に仕上がっていると思いますのでご期待ください」とのコメントを寄せている。

『メアリと魔女の花』は全てのアフレコを終え6月中旬に完成予定。7月8日より全国公開となる。