画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは5月23日、画面を必要としない新たなコンピューティングスタイルの実現に向け、ヒアラブルデバイス(イヤホン型端末)の実証実験用プロトタイプを開発したと発表した。

同社は、個人認証技術や位置測位技術、音響AR(拡張現実)技術、バイタルセンシング技術などを組み合わせたヒアラブル・プラットフォームサービスの2018年度の事業化を目指しており、同デバイスの活用によりサービス事業者やデバイスメーカなどと共同での実証実験を加速するとしている。

今回開発したヒアラブルデバイスは、マイク、スピーカーに加え、顔の向き・姿勢・移動情報などの常時検出が可能な9軸モーションセンサーを搭載している。

これらから取得した情報を用いて、ハンズフリーで耳音響認証技術による個人認証、GPS信号の届きにくい屋内における位置測位を。

同デバイスは、スマートフォンなどとBLE(Bluetooth Low Energy)で接続し、インターネット上のクラウドと連携することでさまざまなサービスを利用できるという。