画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●2020年の公立必須科目になる「プログラミング」の教材

デジタル教材をはじめ、IT技術を活用した教育関連の最新製品やサービスが一堂に会する大規模見本市「第9回 教育ITソリューションEXPO」が5月17〜19日に開催された。8回目となる今回は、"学びNEXT"と題した特設エリアが設置され、最先端のテクノロジーを活用した教育プログラムや教材関連の出展が目立っていた。そんな中から会場で目を惹いていた今後話題となりそうな製品やサービスの一部を紹介したい。

今回の見本市の中でも特に出展が多かったのは、"プログラミング教育"向けの教材だ。プログラミング教育が2020年から公立小学校でも必須科目となることが決定していることを受け、学校をはじめとする教育機関向けのものから一般家庭向けまで出展が相次いでいた。

プログラミング教育用の教材で最もオーソドックスなものは、ロボットを動かすためのプログラミングを学ぶというタイプだ。キットになったロボットを自身で組み立て、パソコンやタブレット上のソフトやアプリを使って動かす仕組みを学ぶというものが主流だが、小型のドローンを動かすプログラミング教材が登場していたのが印象的だった。

その他注目を集めていたのは、プログラミング学習に加えて、+αの要素がある独創的な製品だ。ワイズインテグレーションの「ソビーゴ」もその1つで、子ども用プログラミング専用パソコン「Ichigojam」とキーボードがセットになっているのが特徴。キーボードで実際に簡単なプログラミング言語を入力するという他の教材よりも一歩進んだ教材でありながら、段ボール製のロボットを採用。ロボット自体の組み立てから装飾までをクラフトワーク感覚で楽しむことができ、創造性も育むことができるという二重の教育的要素がある。

リンクスインターナショナルの「PIPER」も独創的な製品。子どもたちに人気のゲーム「マインクラフト」をモチーフにした電子工作学習ツールで、マインクラフト専用ゲーム端末が組み立てられる。「Rasberry Pi」や液晶モニター、バッテリーなどセットに含まれるパーツを組み立てながらコンピューターの仕組みを学ぶことができる。

一方、低年齢向けにパソコンやタブレットを使わずにプログラミングの原理を学ぶことができる教材も少なくなかった。中でもfor Our Kidsが8月に一般発売を予定している「PETS」は、本体上部の穴に処理命令用のブロックを直接挿し込むことでロボットが指示どおりに動作する仕組みで、プログラミング的思考を早期に体感できるという教材だ。

その他、ブロック型モジュールを使用した電子工作学習教材も今後ますます脚光を浴びそうな教材だ。中でも目新しかったのは、リンクスインターナショナルが出展していた「SAM」。ブルートゥースを搭載した、スイッチ、LED、センサーなどの機能を持つブロック型の各モジュールが互いに認識、通信することができ、独自のビジュアルプログラミングソフトにより、マウス操作だけで直感的にプログラミングを実現する。

プログラミング以外で、トレンド感のある製品としては人工知能(AI)を活用した教材だろう。AKA LLCの「Musio」は、機械学習の専門家・データサイエンティスト・自然言語研究の専門家によるチームによって開発された英語教育用のロボット。英語で話しかけると会話ができるロボットで、人工知能による学習能力があり、使うほどに能力が上がっていくという。

●ソニーの電子ペーパー、「ボーカロイド教育版」ツールも展示

教育現場向けのハード機器では、ソニービジネスソリューションが主に大学教員向けに6月に発売を予定している「DTP-RP1」が注目を集めていた。厚さ5.9ミリ、重さ約349グラム、A4サイズ相当の13.3型モノクロディスプレーを搭載した電子ペーパーで、紙のような書き心地とレスポンスを実現していた。

その他出展が多かったのは、電子黒板やプロジェクターだ。中でも目を惹いたのはガイアエデュケーションの出展で、Android OSを搭載しパソコン不要で使用可能なプロジェクターや電子黒板が興味深かった。

政府は2020年までに全国すべての小中高校に無線LANを配備し、教育用タブレットを導入する方針だ。この施策に向け、タブレットの教育現場における利活用法が今後ますます求められるようになるだろう。そんな中、ヤマハはリコーダーなど各種楽器演奏の学習用教材や、「ボーカロイド教育版」として、タブレット画面で直感的に作詞作曲ができるツールを紹介し、注目を集めていた。

その他ユニークだった出展は、ルミテックの「いじめ感知システム」だ。いじめに関するアンケートをタブレットなどを用いてクラウドで収集し、そのデータを"ネガティブワード"などから分析していじめの兆候を検知。情報を教育委員会へ通知し、学校、カウンセラーと連携し、学校現場におけるいじめの早期発見と解決につなげようという挑戦的な試みだ。

全学校への無線LANやタブレットの導入、義務教育課程におけるプログラミング学習の必須化など、2020年度以降の教育現場を視野においたさまざまな製品や教材、ソリューションが登場した今回の展示会。わずか数年以内に一新される教育現場における最先端のIT化事情を垣間見ることができた。