京都サンガの田中マルクス闘莉王。現在はFWの位置でプレーしている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

先発メンバー表に、ちょっとした“異変”が

 約3分の1を消化したJ2戦線で、京都サンガが右肩上がりの曲線を描き出した。一時は21位とJ3への降格圏に沈んでいたが、故障から復帰した田中マルクス闘莉王をフォワードで起用した愛媛FCとの第8節から一変。4勝4分けと無敗を続け、順位を12位まで上げてきた。上位をうかがう東京ヴェルディに敵地で逆転勝ちを収めた21日の第15節後に、今シーズンから加入した36歳の大ベテランは、胸中に抱く「フォワード・闘莉王」としての心意気を熱く語った。(取材・文・藤江直人)

----------

 勝利のために、チームから求められる役割を完遂したい。一方で日本に帰化するはるか前、ブラジル人のトゥーリオとして来日した千葉・渋谷幕張高校時代から積み重ねてきたスタイルに矜持も抱いている。

 二律背反する思いが、田中マルクス闘莉王の胸中で幾度となくぶつかり合っていたのだろう。敵地・味の素スタジアムに乗り込んだ、21日の東京ヴェルディとのJ2第15節。京都サンガの先発メンバー表に、ちょっとした“異変”が発生していた。

 右太ももの肉離れから復帰し、本来のセンターバックではなく最前線で起用された4月15日の愛媛FC戦。いきなりハットトリックを達成し、サンガを勝利に導いた闘莉王のポジションは、続く松本山雅FC戦から「DF」ではなく「FW」と記されてきた。

 その間に3つのゴールを上積みして、チームも愛媛戦を境に3勝4分けと確実に勝ち点を獲得しながら迎えたヴェルディ戦。闘莉王のポジションは再び「DF」と表記されていた。

「登録のままでいこうと。いろいろと事情がありまして」

 表記上ではディフェンダーが5人。実際にキックオフの笛が鳴り響くと、背番号4は前節までと同じく最前線に位置して、2試合の出場停止処分が明けたケヴィン・オリスとツートップを形成した。

 布部陽功監督が苦笑いしながら「いろいろと事情が」と言及したのは、闘莉王のたっての希望があったからだ。試合後の取材エリアで、闘莉王もまた苦笑いしながら登録を再変更した理由に触れている。

「僕自身はフォワードだと思っていない。いまは前で使われているかもしれないけど、ずっとディフェンダーとしてプレーしてきたし、いまだに攻撃的なディフェンダーだと思っているので」

 起用法に不満を抱いているわけではない。要はちょっとした心意気の問題。ピッチでは誰よりも熱く、激しく、そして劣勢を強いられたサンガを鼓舞する、頼れる背中を見せ続けた。

「本職のフォワードじゃない、というのは見ている誰もがわかると思うんですけど、それでもチームのために必死です。右足の状態がまだ100パーセントではない状態で連戦が続きましたけど、やらなければいけないことを、チームの一員としてこなしている。それだけです」

先発を外れた試合でチームは不調に。痛感した責任

 コンディションが万全ではないなかで、それでも復帰後は8試合すべてで先発フル出場を果たしている。何が36歳になった闘莉王を突き動かしているのか。1つ目は責任感だ。

 先発を外れた第3節からの5試合で、サンガは1分け4敗とひとつも勝てなかった。一時は21位と、下にはザスパクサツ群馬しかいないどん底にまで落ちたこともある。闘莉王は責任を痛感していた。

「試合に出られなかった申し訳なさを、非常に強く感じている。自分が出られなくて勝ち点をなかなか得られなかった分を、いまはいい感じで拾えてきている。まだまだ順位は全然下なので、この調子を続けて、僕たちは上へ行かないといけないので」

 ヴェルディ戦でも、テクニックに長けた相手のボール回しに翻弄された。40分にはFWドウグラス・ヴィエイラに先制弾を許したが、トラップ際にボールが左手に当たったようにも見えた。

 闘莉王は副審に激しく抗議したが、ハンドは認められない。前半を1点のビハインドで終えて引き揚げる際も、審判団に詰め寄った。そして、ロッカールームで吠えた。勝者のメンタリティーを訴えた。

「ここからだぞ、ここからが試されるぞ。内容がよくない試合でも勝っていかないと、上へは行けないぞ」

 後半22分にセットプレーからDF本多勇喜のヘディング弾で同点に追いつくと、35分にはオリスが目の覚めるような豪快なミドルシュートを一閃。敵地に詰めかけたサポーターを狂喜乱舞させた。

 自陣から仕掛けた乾坤一擲のカウンター。ボールを必死にもち運んだボランチの吉野恭平から信頼感とともにパスを預けられ、オリスへ絶妙のボールを落としたのは闘莉王だった。

時限的措置でなく現時点では完全なコンバート

 闘莉王を突き動かしている2つ目の要素は、今シーズンから指揮を執る布部監督から寄せられている、厚い信頼感を意気に感じていることだ。

 逆転勝利をあげた試合後の公式会見。43歳の青年監督は闘莉王のフォワード起用をけが人が戻ってくるまでの時限的な措置ではなく、現時点における完全なコンバートであることを明言している。

「点を取るためにいま何をすべきか、自分たちが相手よりも優位に立てるものは何かという京都の強みを考えて、闘莉王を前線に置きました。フォワードの選手が多いなかで、日ごろの練習でも得点感覚やプレーのセンスを見せてくれている。試合の状況や相手にもよりますけど、いまは変える必要はないと思う」

 185センチ、85キロの闘莉王とコンビを組んだ、ベルギー出身のオリスのサイズは192センチ、91キロ。迫力と重量感あふれるツインタワーがもたらす相乗効果に、布部監督も手応えを感じはじめている。

「前線にあの2人が立つことによって、相手の重心というか矢印を後ろに下げさせられる。2人がポジションを取ることによって主導権をまずそこで取ると。闘莉王は状況を見て下がるし、ボランチの横のスペースも取れる。ケビンは高さを、闘莉王には高さとポジショニングを求めています」

 闘莉王がセンターバックを務めた開幕2戦と欠場した5戦で、サンガは6ゴールしかあげていない。翻って、背番号4が最前線を務める8試合では13ゴールを叩き出している。

 そのうちの半分近くの6ゴールを闘莉王がマークしていることになるが、フォワードが本職ではない自分に求められる役割は、別の次元にあると闘莉王は受け止めている。

「みんなの起点になる、守備をしてみんなを楽にする、相手に怖さを与える。フォワードとしてではなく、こうした点はディフェンダーだったときと変わっていません。少しでもみんなを楽に、伸び伸びとサッカーをやれるようにしてあげることが僕の気遣いでもあるし、心がけでもあるので」

「何が一番難しいかと言えば、信用してもらうこと」(闘莉王)

 ゴールはいわば副産物。ヴェルディ戦における闘莉王はオリスの周囲を衛星的に動き回ってパスを引き出し、味方にとって危険となるスペースを察知しては埋め、それでいて相手に威圧感をも与え続けた。

 最前線で献身的にプレーし続けることで、味方との信頼関係を急ピッチで築き上げることもできる。これが3つ目にして、フォワード・闘莉王を突き動かす最大の理由と言っていいかもしれない。

「移籍してきてまだ1年目ですし、そんなに時間もたっていないなかで何が一番難しいかと言えば、信用してもらうこと。自分にボールが渡れば絶対にキープするので追い越せる、いいパスを出してくれる、必ず競り合ってくれるといったことをわかってくれるだけで、チームはよくなっていく。

 今日はケビン(・オリス)だったけど、これが誰と組んでも同じことができるように。この間の(イ・)ヨンジェもそうだし、オグリ(大黒将志)もそうだし、とにかく自分はチームのなかのワンピースだと思っているし、ちょっとずつみんなも信用してくれているのかなと」

 実際に手応えも感じはじめている。ゴールバーの上を越してしまったが、後半11分には吉野が長い距離を走って闘莉王を追い越し、スルーパスを受けて強烈なシュートを放っている。

 相手にボールを奪われれば、逆にカウンターを仕掛けられる場面。闘莉王の存在すべてに厚い信頼感を寄せているからこそ、ボランチの選手が積極果敢に攻め上がることができる。

「トゥーさん(闘莉王)はどんなボールも収めてくれるし、たとえ収まらなくても必ず自分たちに五分五分のボールや、あるいは自分たちに有利なボールがこぼれてくるので、セカンドボールも拾いやすくなっている。トゥーさんがいるだけで、チームが引き締まる部分もあるので」

未曾有の大混戦状態にあるJ2。京都が放ちはじめた存在感

 吉野が声を弾ませれば、水戸ホーリーホックとの前節ではMF望月嶺臣やセンターバックの下畠翔吾までが自身を追い越し、攻め上がっていったことに闘莉王も思わず笑顔を浮かべる。

「ヨシ(吉野)はものすごい数のシュートを打っているし、素晴らしいことに前回はレオ(望月)やショウゴ(下畠)も自分を追い越して、シュートを打てるところまでいってくれる。それをどうにかみんなにシュートを打たせる、無駄走りにならないようにしないと」

 闘莉王が復帰し、フォワードで起用されてからはこれで4勝4分け。無敗をキープしたうえに、キックオフ前の時点で4位と上位をうかがっていたヴェルディから敵地で逆転勝利を奪った価値は大きい。

 5勝5分け5敗、得点19に対して失点も19とすべてイーブンに戻し、順位も12位まで上げてきた。未曾有の大混戦状態にある今シーズンのJ2戦線だけに、まだまだサンガにもチャンスはある。

「もう年なのでいっぱい、いっぱいですけど。常にトップを目指していますし、だからこそベスト3のお尻が見えるくらいの位置に早くもっていかないと。自分が出ていなかったときに、勝ち点をこぼした責任をちょっとずつ、自分にできることを必死にやって返していきたい」

 当面の目標とする3位・横浜FCとの勝ち点差は、これで「8」にまで縮まった。3分の1を超えたばかりの長丁場のJ2戦線で、闘莉王を最前線にすえるサンガが不気味な存在感を放ちはじめた。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人