法廷で目をつぶる朴槿恵被告。胸に拘置所の収監者番号が入ったバッジを付けている(写真共同取材団)=23日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】収賄罪など18の罪で起訴された韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告の初公判が23日午前10時にソウル中央地裁で始まった。朴被告は冒頭の罪状認否で、「弁護人の立場と同じです」と罪を全て否認した。

 私服姿で裁判所に到着した朴被告は、法廷で裁判長から職業を尋ねられると「無職です」と答えた。朴被告が人前に姿を現したのは3月31日の逮捕以来53日ぶりとなる。
sarangni@yna.co.kr