中国では自動車保有台数の増加に伴い、大都市を中心に深刻な交通渋滞が発生するようになった。一部の都市では自動車のナンバープレートに応じた乗り入れや購入制限を実施するほどだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では自動車保有台数の増加に伴い、大都市を中心に深刻な交通渋滞が発生するようになった。一部の都市では自動車のナンバープレートに応じた乗り入れや購入制限を実施するほどだ。

 日本でももちろん交通渋滞は発生するが、渋滞の激しさや頻度は中国のほうが深刻だと言える。中国メディアの今日頭条はこのほど、北京や上海は毎日のように深刻な渋滞が発生しているにもかかわらず、なぜ東京は「渋滞が深刻化しないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず、東京都と北京市について比較し、「北京市の面積は東京都の約8倍もあり、人口は東京の約半分に過ぎない」と指摘。自動車やバイクなどの保有台数についても北京の方が東京より少ないとしながらも、「東京で深刻な渋滞が生じないのが不思議でならない」と論じた。

 続けて、東京で渋滞が生じないことは「世界で見ても奇跡的なこと」と称されることもあると伝える一方、東京もかつては深刻な交通渋滞に悩まされたことがあると指摘。だが、都市計画の一環で公共交通機関の整備や駐車場の整備、さらには運転マナーの徹底、路上駐車の取り締まりなどを行った結果、深刻な渋滞は解消されるに至ったと論じた。

 さらに、東京の地下鉄路線図を紹介し、「北京の地下鉄に比べて、驚くほど路線の密度が高い」と指摘。東京では自動車に乗らなくてもあらゆる場所に行くことができるほど、地下鉄をはじめとする公共交通機関が整備されているのだと指摘した。

 また記事は、東京で深刻な渋滞が起きないもう1つの理由として、日本人の民度を挙げている。車の運転時はもちろん、駐車をするときでも「他人に迷惑をかけない」という考え方のもとで行動するため、人為的な渋滞が起きないとした。中国では確かに車線にはみ出したまま駐車してしまう人がいるのは事実だ。まだ、走行中も無理な車線変更や割り込みも見られ、こうした行為が路上全体のボトルネックとなっている可能性は否めない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)