au版Xperia XZsは5月26日発売、スーパースローモーション撮影対応カメラなど楽しい撮影機能を搭載
auが、ソニーモバイル製の5.2インチフルHD液晶搭載スマートフォン『Xperia XZs』を5月26日に発売します。au版モデル名は「SOV35」。

同機種は、Xepriaシリーズの新たな高級機として位置づけられるモデル。前世代にあたるXperia XZからカメラ機能を強化。『Motion Eye』と名付けられたこのカメラは、イメージセンサーにDRAMを積層することで、960コマ/秒のスーパースローモーションや、シャッターを押す前の瞬間も選べる「先読み撮影」など、便利な撮影機能を搭載します。

au版ではストレージは32GB。auロゴはXZと同様、背面下部に入るデザインです。本体カラーはブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの4色構成。
LTE部の最大速度は、受信側が理論上最高370Mbps。送信側は同37.5Mbpsとなっています。もちろんau VoLTEにも対応。またテレビチューナーはフルセグとワンセグに対応。

基本性能の点では、SoCはXZと同じクアルコムの『Snapdrgaon 820』ですが、RAM容量は4GBに拡大している点が特徴です(XZは3GB)。



本体サイズは縦長状態で72×146×8.1(最厚部8.7)mm(幅×高さ×厚さ)、重さは161g。OSバージョンはAndroid 7.1 Nougatです。




そのほかの詳細に関しては、ソフトバンク版と海外版のレビュー記事を参照ください。

触ってわかる優等生の魅力 -- ソニー最新スマホ「Xperia XZs」国内版レビュー(ソフトバンク版)

XperiaマニアのXperia XZs レビュー。Motion Eyeカメラにメモリも増量、マイナーチェンジ以上の充実 (海外版)

なおauは同日、同じく2017年夏モデルとして、サムスンの『Galaxy S8』と『Galaxy S8+』の発売も告知。こちらは6月8日となります。詳しくは下記記事を参照ください。

Galaxy S8 / S8+、auが6月8日に国内発売。ひと目で印象に残る「ほぼ全部画面スマホ」