THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST

 THE YELLOW MONKEYが、デビュー記念日に発売したベストアルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』(5月21日発売)が、発売初週に4万5000枚を売り上げ、5月29日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=5月15日―21日)で初登場1位を獲得した。

 同バンドのアルバム1位獲得は通算4作目で、『PUNCH DRUNKARD』(1998年3月発売)が1998年3月16日付で記録して以来19年2カ月ぶり。アルバム1位獲得のインターバルとしては、矢沢永吉の18年10カ月(1994年7月18日付『the NameIs...』―2013年5月27日付『ALL TIME BEST ALBUM』)を上回り、国内アーティスト最長での達成となった。

 また今作は、累積106.2万枚を売り上げている『TRIAD YEARS act I-THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY-』(1996年12月発売)などが記録した2位を上回り、同バンドのベスト盤としては初の1位獲得作品となり、節目のデビュー25周年に華を添えた。

 THE YELLOW MONKEYのデビュー25周年記念企画として発売された今作。過去にファン投票による選曲で発売された『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』(2013年7月発売、最高2位)のアンサーアルバムとして、同様の16曲全てを新たにレコーディングしている。