Galaxy S8 / S8+、auは6月8日に発売。ひと目で印象に残る「ほぼ全部画面スマホ」



auは、サムスン製のフラグシップスマートフォン GALAXY S8 / S8+を6月8日に発売します。

最大の特徴は、ディスプレイのアスペクト比が18.5 : 9である点。標準的なスマートフォンの16 : 9に比べて縦長で、より多くの情報を表示できます。これを実現するために、左右だけでなく上下の余白も削っており「ほぼ全部画面」といった感じ。最近のスマホにしては珍しく、ひと目で印象に残るデザインです。

(見出し写真はグローバルモデル)

関連記事:

速報:Galaxy S8 正式発表。ほぼ全部画面の超狭額、超縦長の新時代スマホGalaxy S8の遠い指紋センサ配置に意外な理由。インセル式採用は?サムスン開発者が回答S7 edgeユーザーが触れた Galaxy S8の魅力と課題:週刊モバイル通信 石野純也動画:サムスンGalaxy S8 / S8+ ハンズオン。大画面なのにスリムなボディGalaxy S8を触って思うこと。iPhone 8のハードルを上げる未来感

画面サイズはGalaxy S8が5.8インチ、大きい方のGalaxy S8+は6.2インチ。かなり大きな本体を想像しますが、縦長にしたことで表示面積を稼いでおり、一般的な16:9縦横比のスマートフォンよりも相対的にスリムになっています。

(Galaxy S8 Plus グローバルモデルとiPhone 7 Plus を並べた写真)

たとえば6.2インチのGalaxy S8+ は、画面の幅は5.5インチ(16:9)のiPhone 7 Plusとほぼ同じをキープしつつ、本体の幅は約4.5mmスリムです。本体の長さはiPhone 7 Plus より約1mm長くなっているものの、余白が細くなったことで画面は約2cm広くなりました。

解像度はS8 / S8+ ともに2960 x 1440。

プロセッサはクアルコムのSnapdragon 835(2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コア)、RAMは4GB、ストレージ容量は64GB、microSDXC(最大256GB)。

防水(IP58)・防塵(IP6X)にも対応。日本向け機能としてはワンセグ・フルセグ(同梱の外付けアンテナが必要)に加え、おサイフケータイ(FeliCa)に対応します。



生体認証は指紋・虹彩・顔認証の3つに対応。顔認証は高速ですが顔写真でもロックを解除できるなど特性が異なっており、要求するセキュリティレベルに応じて使い分けることができます。



本体サイズはGalaxy S8が149 x 68 x 8.0mm 150g、Galaxy S8+が160 x 73 x 8.1mm 173gです。カラーバリエーションはオーキッドグレー、コーラルブルー、ミッドナイトブラックの3色展開です。

予約ユーザー全員にGear VRプレゼント



先行予約ユーザー全員に、コントローラーが付いた新Gear VRをプレゼントするキャンペーンを実施します。下記の3つの条件を全て満たすことが条件です。2017年5月24日から6月7日までに予約2017年6月8日から6月30日までに購入2017年6月8日から7月10日までにキャンペーンサイトから応募
なおauは同日、同じく2017年夏モデルとして、ソニーモバイルの『Xperia XZs』の発売も告知しました。こちらの発売は5月26日です。詳しくは下記記事を参照ください。

au版Xperia XZsは5月26日発売、スーパースローモーション撮影対応カメラなど楽しい撮影機能を搭載