iKON、新曲「BLING BLING」「B-DAY」のMV公開…さらに深くなったヒップホップ感性で出撃!

写真拡大 (全3枚)

愉快なエネルギーと強烈なヒップホップを着た。

ボーイズグループiKONがさらに濃密になった音楽で戻ってきた。愉快な音楽でiKON特有のエネルギーあふれる魅力をアピールし、濃密になったヒップホップで多彩な魅力を盛り込んだ。1年の空白期の間、さらに成長した音楽でiKONの爽やかな魅力をアピールする。

iKONは22日午後6時、ニューアルバム「NEW KIDS:BEGIN」を発売した。ダブルタイトル曲「BLING BLING」と「B-DAY」を収録した今回のアルバムは、iKONの新たな姿をアピールする「NEW KIDS」コンセプトのスタートだ。1年の空白期の間、海外活動や公演に集中して積み上げてきたiKONの貫禄を収めた、完成度の高い曲だ。

「BLING BLING」と「B-DAY」はiKONらしいという表現がぴったりの曲で、2曲が持つ魅力が違って、繰り返して聴きたくなる。特有の中毒性を確保しながらも愉快で楽しい。少年から男に変身したiKONの感性がタフな魅力で表現されているが、愉快な雰囲気が際立つ。「BLING BLING」を叫ぶ部分は妙に中毒的だ。

「BLING BLING」はiKONの先の曲「リズムに乗って(RHYTHM TA)」のアップグレード版だ。どっしりとしていて濃密だ。タフな歌詞と表現が魅力的だが、iKONのトレンディーさとヤングな雰囲気が際立つ曲だ。壮大な雰囲気やどっしりとしたヒップホップのビート、スワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意) 感たっぷりの歌詞が調和を成し、後半の新鮮なギャップが魅力的だ。

「B-DAY」はタイトルからiKONのアイデンティティを表現した。「BLING BLING」よりエネルギーにあふれて愉快な姿が盛り込まれているが、気楽に楽しめる曲だ。メンバーたちをミツバチに例えた描写がかわいい。iKONならではの奇抜な想像力が加えられた清涼感あふれる曲であり、夏に差し掛かる天気にもぴったりだ。

何回もの修正や再撮影の末に完成したミュージックビデオも見る楽しさがある。iKONのメンバーたちはインタビューで、ミュージックビデオの再撮影について言及し、曲の制作とともにミュージックビデオ撮影にも精魂を込めたと明らかにしたが、完成したミュージックビデオは曲を聴く楽しさを倍増させる。神秘的な雰囲気を演出した「BLING BLING」と、スピーディーで強烈なエネルギーを盛り込んだ「B-DAY」の魅力が存分に盛り込まれている。

グレードアップしたヒップホップ感性で、愉快で多彩な魅力で戻ってきたiKON。「NEW KIDS」でさらに輝くiKONのこれからに注目したい。