@AUTOCAR

写真拡大

ハケットCEO 急務は自動運転テクノロジーの遅れ解消

フォードは、スマート・モビリティ部門を率いるジム・ハケットを、同社の新CEOに任命した。

62歳のハケットは、オフィス家具を扱うスティールケース社の業績を好転させ、世界的な企業へ成長させたことで知られる。その手腕を買われ、2013年から2016年までフォードの取締役会のメンバーを務め、現在はフォードの自動運転技術をあつかう、スマート・モビリティ部門を担当している。