【ビデオ】市販のホバーボードを取り付けて走る4輪の新たな乗物「ホバーバイク」が登場!
フロリダを拠点とするBoatsToGoという会社が、ホバーボードの新たな使用法を生み出した。アルミニウムとスチール製のフレーム「ホバーバイク」を取り付ければ、2輪のホバーボードが4輪バイクに生まれ変わるのだ。このホバーバイクはクラウドファンディング・サービス「Kickstarter」のプロジェクトとして2017年7月に販売開始となる。

ホバーバイクはホバーボードで動く乗物だ。アルミニウムとスチール製のフレームには、後部に2つのボールベアリング付き車輪が備わり、その前部に留め具でホバーボードを取り付ける。BoatsToGo社は、ホバーボードで走る椅子「ホバーシート」も手掛けている。

取り付け可能なホバーボードは10インチ(約25cm)と6インチ(約15cm)の中央が丸いタイプのみ。フレームは、全長30インチ(約76cm)、全幅30インチで本体の重さは10ポンド(約5kg)未満。体重250ポンド(約110kg)以下の人なら乗ることができる。荷物を引くことも可能だ。

現在、クラウドファンディング・サイト『Kickstarter』で支援を受け付けており、7月に179ドル(約2万円)で発売される予定だ。このプロジェクトについてのさらなる詳細はこちらをどうぞ。



By Autoblog Staff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー