韓国のネット掲示板に投稿された「日本の食べ物で、確実に韓国の物よりおいしいと感じるのは…」との韓国人のつぶやきに多くの声が集まった。写真は韓国のビール。

写真拡大

韓国のネット掲示板に投稿された「日本の食べ物で、確実に韓国の物よりおいしいと感じるのは…」との韓国人のつぶやきに多くの声が集まっている。

投稿者は、「生ビールとご飯は、日本で食べた方が韓国より確実においしかった」と指摘したが、他のネットユーザーの声をみると、「ご飯は同意できないがビールは同意」とするものが多いようだ。

例えば、札幌市のサッポロビール博物館で飲んだ生ビールに「ああ!今まで僕が飲んでいたビールはいったい何だったのかという思いになった」というユーザーは、「韓国産の缶ビールは、韓国でも飲める日本産缶ビールと大差ないようだけど、生ビールの差は大きい」と指摘する。また、「韓国産は日本産ビールとは比較にならない。日本は韓国より開発が早いし多様化も進んでいる」という意見のほか、「生ビールに限らずとも日本の方がおいしい」「どこの国でもだいたいビールは韓国よりまし」との声も。

一方、ご飯については少数ながら「そうそう。日本はご飯がおいしいね」「ご飯は当然、日本の方がおいしいよ。米の品種を最初に開発したのが日本だから」と投稿に共感する声があった。

そのほか、日本の方がおいしいものとして「パンとケーキ」「デザート」「天ぷらとうどん」などが挙げられ、さらに「食文化自体のレベルが違う」「外食産業のレベルが違う」など日本の食への手放しの評価もみられた。

そうした中、自国の料理の味を深く愛するユーザーからは「大豆から作ったみそのチゲをスプーンですくって、ご飯ときゅうりキムチも一緒にもぐもぐと食べる。典型的な韓国の田舎の人の味覚の私には、日本の食べ物の何がおいしいかよく分からない」との書き込みもあった。(翻訳・編集/木暮)