<ロシアで近年最大規模の抗議行動を主導しプーチン政権を動揺させる活動家ナワリヌイ。だが大統領選出馬へのハードルは高い>

モスクワ北部、どんよりとした雲に覆われた4月10日のこと。この日、刑期を終えようとしていたロシア反政府運動指導者のアレクセイ・ナワリヌイ(40)のいる刑務所外には、大勢の群衆が詰め掛けていた。彼らの大半が反政府運動家やジャーナリストたち。皆、ナワリヌイの熱い演説が聴けるものと期待していた。

だがその日、演説は行われなかった。ナワリヌイがメディアの前で語るのを妨害しようと、当局が彼を秘密裏に数十キロ離れた別の刑務所に移送し、そこで釈放したのだ。彼はたった1人で地下鉄に乗って帰宅しなければならなかった。

支持者たちにとって今回の当局の姑息なやり方は、ナワリヌイの知名度が全国レベルで急上昇していることの裏返しでもある。そして、2018年の大統領選挙でウラジーミル・プーチンを追い落とす可能性を持つ唯一の人物だと、当局が暗に認めている証拠でもあるという。

プーチンと取り巻きたちが動揺するのには理由がある。3月末、ナワリヌイはここ数年で最大規模の反政府デモを主導し、国内100都市近くで数十万人を動員した。警察は厳しい取り締まりを行い、モスクワだけで1000人以上の活動家を拘束。ナワリヌイも逮捕され、15日間の拘留を言い渡された。

デモ参加者たちは、ドミトリー・メドベージェフ首相が資産家たちから不動産や高級品などの賄賂を受けていたとの訴えに怒りを爆発させた。ナワリヌイがこの問題を告発した動画はYouTubeで1700万回以上再生。欧米からの経済制裁や原油安のため経済停滞に苦しんでいた市民を憤らせた。

【参考記事】大規模デモで始まったプーチン帝国の終わりの始まり

ロシアでは人口の約16%に当たる2300万人ほどが貧困ライン以下で生活しており、モスクワ経済高等学院の最近の報告によると十分な食料や衣服を確保できない層は41%に及ぶ。

ロシア政府はナワリヌイの主張に対してコメントしていないが、議会は調査要請を拒否している。騒動から何週間も沈黙を通した後に、メドベージェフ本人は疑惑を否定。ナワリヌイの名を口にするのさえ避けた。

だがナワリヌイはこれで終わりではない。「メドベージェフを標的にしたことで、ナワリヌイは腐敗に立ち向かう闘士としての評判を全国的に高めることになった」と、モスクワの著名な政治アナリスト、ドミトリー・オレシュキンは言う。

効果は既に表れている。世論調査機関レバダセンターによると、国民の38%がデモを支持し、67%が高官の汚職はプーチン個人に責任があると考えている。さらに注目すべきは、10%が来年の大統領選でナワリヌイに投票するつもりだと答えている点だ。国営メディアでその名が紹介されるのは信用ならない外国の手先と非難されるときだけという一活動家にとって、これは思ってもみない成果だった。

[2017.5.23号掲載]

マーク・ベネッツ