宇宙人一家が地球を救う!? クセが強すぎてハマる映画「美しい星」

写真拡大

 

 

1962年に発表された三島由紀夫のSF小説「美しい星」を原作に、舞台を現代に変え、設定を新たにして誕生した映画『美しい星』が5月26日(金)より全国公開となります。

 

 

WEB第二弾メイン


発表当時から「へんてこりんな小説」として読者をざわつかせていたという「美しい星」。

 

宇宙人一家が地球を救うという、ぶっ飛んだ設定なんです…!

 

リリー・フランキーさん演じる父、亀梨和也さん演じる息子、橋本愛さん演じる女子大生、中嶋知子さん演じる母から成るとある平凡な家族は、それぞれあるきっかけで火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒します。

 

父_重一郎(リリーさん)娘_暁子(橋本さん)母_伊余子(中嶋さん)

 


使命は「この美しい星・地球を救うこと」。

目覚めた彼らは、奮闘を重ねますが、やがて世間を巻き込む騒動に発展してしまいます。

 


果たして、なぜ彼らは目覚めたのか。

いや、本当に目覚めたのでしょうか。

 

そんな一家の前に、佐々木蔵之介さん演じるひとりの男が問いかけます。

 

黒木(佐々木さん)

 

「地球に救う価値などあるのか?」と。

 

このストーリー展開、気になりますよね!?

 

試写会場では、劇中の火星人の決めポーズ場面などで、客席からの笑い声が飛び交いつつ、結末では涙する人の姿もありました!

 

sb1

 

SF小説というくくりから、SF映画ということになるのかは疑問で、普段から「SF映画が好き」という人も、新鮮な衝撃を受けるのではないかなと思います。


ちなみに監督をつとめたのは『桐島、部活やめるってよ』や『紙の月』で名高い吉田大八氏。

初めてこの小説を読んだ大学時代から、30年越しの悲願をかなえての映画化となったそう。

 

原作に大胆にアレンジを加えているので、小説とはまた違った感覚でストーリーを楽しめるはずです。

 

原作ファンの方も、これを機に興味を持ったという方も、ぜひ劇場でチェックしてください^^

 

 

 

 

hon_poster

 

『美しい星』

5月26日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー    

配給:ギャガ

公式サイト:http://gaga.ne.jp/hoshi/

©2017「美しい星」製作委員会