凡人ほど"得意"に執着して、人生が先細る

写真拡大

億劫に思うこと、面倒くさいと思うことは、誰にでもあるでしょう。でも、逃げてばかりいると、人生は先細ります。一流と呼ばれる人は、そのことをよく知っていて、意識的に自分の尻を叩いて苦手なことに挑戦する。それによって自分の糧としているのだ。

■「気が重い」「ノーギャラ」でも、参加する理由

先日、米国のビジネススクール(米ダートマス大学経営大学院)の会議で香港を訪れました。

私がこのビジネススクールを卒業したのは30年以上も前ですが、3年ほど前に依頼を受けてアジア地区のアドバイザリーボードのメンバーを務めることになり、年に一度、香港での会議に参加しています。今回の出席者は学校のスタッフを含めて15人ほど。他にも、大学のスタッフと2度ほど少人数の会議をしました。もちろん、会話はすべて英語です。

私は、ここ10年以上、普段の仕事や生活で英語を使うことがほとんどありませんでした。だから正直に言えば、英語での会議は億劫です。旅行や日常会話に困ることはありませんが、それでも、会議参加者の3分の2ほどがネイティブ。他はアジア人ですが、ほとんどが米国系金融機関のビジネスパーソンで普段から英語を使っていますから、会議の流れについていくのはなかなか大変です。加えて、何度か発言を求められますので、少し気が重い会議です。

▼大変なことでも平気と思える思考回路

日本では、大勢を前にした講演やテレビでの出演が仕事の一部になっているので、人前で話したり会議に出たりする場合に緊張することはありません。しかし、英語だけの会議に出ると、勝手が違います。この香港での会議は、仕事でもなく、また私が行かなくとも大勢に影響はないので、行くのをやめようかとも思うこともありますが、お世話になった学校ですし、頼まれたことでもあるのでと自分の尻を叩いています。ただ、これも「勉強」「ただで英会話学校に通っている」と考えると、少し気持ちが楽になります。

心理学の言葉で「快適ゾーン」というものがあります。

自分が快適と感じる範囲のことで、その範囲は人それぞれ違います。普通の人にとっては大変と思うことでも平気でいられる人は、この快適ゾーンが広いといえるそうです。逆に、ちょっとしたことでも不安に感じる人は快適ゾーンが一般の人より狭い。

■凡人は、なじみのレストランにばかり行く

私が今回の会議に出席するのを億劫と感じるのは、たぶん自分の快適ゾーンの外にあるからでしょう。この快適ゾーンを広げる方法は何かないだろうか。考えてみると、いろんなことを「実際に経験する」のが一番という結論に達しました。

年齢を重ねていくとどうしても、知らないところへ行くのが億劫になります。食事は、好みのレストランしか選ばない。そんな行動パターンになりがちです。今回の私のように、不得意なことは避けたくなる。未知の新しい挑戦に対しても、同じです。

そうやって年だけ取っていると快適ゾーンは広がらないどころか、どんどん狭くなってきます。ところが、思い切って新しいこと、面倒くさいことに対して重たい腰をあげて実際やってみると、どうでしょうか。案外どうってことないことも多いのです。実際、今回の会議も終わってしまうと、「また、来年も来ようかな」と思ったのですから。

 

▼なぜ「知らない道」を歩く決断をしたのか?

私は今年60歳になりますが、このところ気をつけているのは、「知っている道と知らない道があれば、(それほどリスクがないなら)、知らない道を行く」ということです。

ちょっとしたチャレンジですが、知らないことをやってみる良いきっかけになると考えています。少し、新しいことをするように自分のルールを決めておかないと、どうしても「知っている」「慣れている」ことに流れてしまいます。

■一流はあえて苦手なことをして自己肯定感を高める

今回の会議では、ひとつ発見がありました。それは、「ネイティブ相手に自分の英語力で大丈夫かな」といった気持ちが少なからずあったのですが、他の参加者は、私の英語のことなどほとんど気にしなかったということ。

休憩時間やレセプションの時にはみな気楽に話しかけてくれました。杞憂だったのです。自分が気にするほどでもない。それに、他の人は良い意味でも悪い意味でも自分に無関心。自分で自分を窮地に追い込む、とりこし苦労は無意味だと頭で分かっていても、人は心の中ではなかなか納得できないです。

今回の経験を踏まえ、私の「快適ゾーン」は少し広がったかもしれません。だとすれば、出張は大成功です。そうやって自分肯定感を高めて、次もまた「知らない道」に挑戦すれば、人生はまだまだ広がっていく。そう信じています。

そういえば、私が知っている著名な経営者も新しいことに「挑戦」するタイプが多いように思います。地位や肩書を得てなお、そこにあぐらをかかない姿勢があるからこそ、部下がついていきたくなる名リーダーになれるのかもしれません。

(小宮コンサルタンツ代表、経営コンサルタント 小宮 一慶)