爪を傷めない3Dネイル、米美容業界でキャリア10年の23歳が開発

写真拡大

23歳のアレクシス・アイリーンは、従来とは全く異なるネイルチップを製造、販売する米スタティック・ネイルズ(Static Nails)の創業者だ。昨年発表した「ポップオン・マニキュア(Pop-On Manicure)」は、発売から6か月間で約50万ドル(約5560万円)を売り上げた。

ポップオン・マニキュアは、自分で付けることができる再利用可能なネイルチップ。爪を傷めないネイルグルーで装着し、最長18日間そのデザインを楽しむことができる。短い日数で取れた場合は、最大6回まで再利用が可能だ。

「自爪にダメージを与えることなく、元々のデザインを生かしたカスタマイズもできるところが、この製品の最大の長所。さらに、わずか5分で装着することができる」という。

大学在学中だった5年前、寮の部屋で思いついたアイデアから生み出したこの製品についてアイリーンは、女性たちがマニキュアについて嫌だと思うことの全てを解決する、革新的なものだと語る。

「ネイルアートには時間もかかるし、嫌なにおいもする。爪を傷める上に、料金も高い。時間と労力をかけても、チップは数日で取れてしまったりする。ジェルネイルやアクリルのチップを付けることで爪を傷めるために、高額の料金を払っているようなものだ」

ネイルアートの人気が高まり始めていた当時、流行っていたのは薬指だけに違う色を塗ることだった。だが、インスタグラムで3Dのドーナツを爪に乗せた複雑なアートを見つけたのが、ポップオンを考え付いたきっかけだ。

さらに、そのころドラッグストアなどで買うことができたネイルシールは色も限られており、デザインもフレンチネイルくらいしかなかった。アイリーンはそこに、チャンスを見出したのだ。「プレスオン」と呼ばれるシープタイプのセルフネイルとの違いを出すために、自身が開発する製品の名を「ポップオン」に決めた。

大学中退も覚悟

14歳からモデルとして働き始め、16歳の時には当時国内で最年少のプロのメイクアップ・アーティストになったアイリーンは、17歳になるころには百貨店メイシーズの化粧品販売カウンターの最年少のマネージャーとなり、最も業績の良い店舗の一つであるサンタモニカのブルーミングデールで働いていた。

アイリーンはまた、ロレアル傘の下のいくつかのブランドと仕事をした経験があり、見本市などへの出展やバイヤーのミーティング、製品の発売などに関するさまざままなことを学んでいた。

ビジネスを始めるのに必要な資金には、そうして働いて貯めたお金を充てた。ただ、軌道に乗せるためには学費分の蓄えも事業に回さなければならず、うまくいかなければ最後の学年は、学費を払えずに卒業できなくなる可能性もあった。だが、ポップオンの開発ではスワロフスキーとの提携にこぎ着け、複雑な柄に3Dの飾りを乗せるチップを完成させることができた。

さらに、21歳の誕生日にスタティック・ネイルズを立ち上げると、わずか1週間後には美容ブランドのインキュベーター、ケンドゥ(KENDO)から連絡を受けた。ケンドゥは、ナチュラル・スキンケアブランドのウラヘンリクセンやマークジェイコブス ビューティーを支援したことで知られる。

アイリーンによれば、在学中には他の数多くの小売業者からも商品供給契約に関する話を受けたが、大量生産を始める準備を整えることはできないと考え、見送ったという。それまでにも美容業界で働いてきた経験から、彼女には起業家となる準備ができていたといえる。

22歳の誕生日には、非通知の電話番号から運命的な電話を受けた。それは、化粧品専門店セフォラのPR会社からの連絡だった。スタティック・ネイルズはその他にも、HSNと販売契約を結んでいる。

大学を卒業した今、アイリーンは自社の事業拡大に力を注いでいる。目標はナンバーワンのネイルブランドだ。来年には新たに革新的な製品を発売する予定。2年以上前から開発を進めている製品もあり、発売の実現を思い今から胸を躍らせている。