画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Peach Aviation(以下、Peach)は5月22日、ビットポイントジャパンと共同で、仮想通貨「ビットコイン」を活用した直接決済サービスを2017年12月末までに導入すると発表した。

ビットコインを用いた直接決済サービスの導入は、日本の航空会社では初めての試みとなる。

同社によると、ビットコインは、中国をはじめアジア各国で急速に普及しており、日本においても、2017年4月に改正資金決済法が施行されて以降、決済で利用可能な加盟店が増加し、その利便性が拡大しているという。

同社代表取締役CEOの井上慎一氏は「ビットポイントジャパンさんとPeachが手を組むことにより、ビットコインがより身近なものになることを期待しています。今後、北海道や東北、沖縄などをモデル地区とし、自治体や地元企業などとも連携しながらビットコインで購買のできる加盟店を増やし、首都圏や関西へ来られたアジアのお客様が地方を巡る仕掛けを築き、地方創生を促進させることを目指します」とコメントしている。