川岸史果と熱戦を演じるも、惜敗で出場を逃した渡邉彩香(撮影:村上航)

写真拡大

<全米女子オープン 事前情報◇22日◇トランプナショナルGC>
最後の一枠を決めるプレーオフに進出したのは通過した川岸史果、渡邉彩香、川満陽香里、アマチュアの松原由美。1ホール目で渡邉と川岸がバーディを決めた時点で川満と松原は敗退が決定。2ホール目は渡邉、川岸ともにパーで勝負の3ホール目は、渡邉がティショットを曲げトラブルになったのに対し、川岸はバーディ。勝負あった。

他の予選会会場の通過者や、すでに本戦出場権を得ている選手の欠場いかんによっては、出場権が下りて来る場合もある。昨年は堀琴音が補欠一番目ながら、出場に成功した。補欠一番目の渡邉、2番目の川満、3番目の松原まで出場権は下りてくるのか?
以下、3名のコメント
渡邉彩香
「悔しいですけど、まだ終わっていません。全米女子オープンの週のロレックスランキング50位以内に入ればまだ出場できます。そのために、日本で2勝くらいしてランキングを上げて、絶対に出ます。意地でも出ます」
川満陽香里
「メジャー大会に出てみたかったです。行きたい試合の一つでしたので悔しいですけど、来年はプレーオフに出なくていいように、しっかりと通過したいです」
松原由美
「3年続いた予選会からのアマチュア出場が途絶えてしまいました。でも仕方ないことです。ジュニア時代から戦っていた選手が向こうで頑張っているので、来年はプロとして出場したいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>

セクシー写真ばかり集めてみました!話題沸騰のアン・シネ最新フォトも!
話題をさらうミシェル・ウィーのセクシーウェア 同じナイキの葭葉ルミは着る?着ない?
課題は体重増の森田遥「大きいスピーカーが目標です」
関西弁の三つ編み娘 サイ・ペイインが感じる確かな成長
「飛距離は負けてない」川岸史果、悔しさ滲むも世界進出に手応え