"体脂肪を減らす" 機能性表示食品「一緑茶一日一本」

写真拡大

日本コカ・コーラとセブン&アイ・ホールディングスは、共同企画として初の機能性表示食品、"体脂肪を減らす"機能素材入りの「一(はじめ)緑茶一日一本」を開発した。

2017年5月22日に、全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武などセブン&アイグループ約1万9900店で発売する。

ローズヒップ由来ティリロサイド含有

同製品には、体脂肪を減らす機能があることが報告されているローズヒップ由来ティリロサイドが含まれる。

厳選された国産茶葉を使用した緑茶で、コカ・コーラシステムが持つ緑茶に対する高い専門性を活かした抽出方法を採用し、密閉された状態で攪拌せずにじっくりと抽出して仕上げたという。

苦みや渋みをおさえ、1日1本、毎日飲み続けるのに適した味わいで、仕事の合間や移動中とシーンを選ばず健康を意識できる飲料。