「アボカドサラダバーガー 5種の野菜とレモンのソース」

写真拡大

2017年夏、モスバーガーから、濃厚なアボカドをはじめ、野菜をふんだんに盛り込んだバーガーが期間限定で登場する。

5月23日から7月上旬まで、「アボカドサラダバーガー 5種の野菜とレモンのソース」(430円)と、昨年も約120万食を売り上げた「アボカドチリバーガー」(450円)が、一部店舗を除く全国で発売される。

肉を使わない「ソイパティ」も選択可能

「アボカドサラダバーガー 5種の野菜とレモンのソース」は、グリーンリーフにジューシなパティ(肉)を乗せ、その上に細切りレタス、輪切りのトマト、厚めにスライスしたアボカド、オニンスライスを重ね、レモンソースをたっぷりとかけた一品。レモンソースには5種類の野菜――玉ねぎ、かぼちゃ 、人参、トマト、セロリを使用して甘みを加え、黒コショウや数種類のハーブエキスを入れることでコクを出した。

一方の「アボカドチリバーガー」は、バンズの上にパティを乗せ、その上に細切りレタス、輪切りのトマト、厚めにスライスしたアボカドを重ね、スパイスの効いたホットチリソースをたっぷりと乗せた。ホットチリソースはモスバーガーオリジナルで、牛ミンチ肉や玉ねぎ、トマトをベースに、レッドキドニー豆やひよこ豆を煮込み、チリパウダーやコリアンダーなど8種類のスパイスを使用。豆の食感を残しつつ、コクと旨みのある辛さに仕上げた。

両メニューは、パティの代わりに大豆由来の植物性たんぱくを使用したソイパティへの変更も可能。パティを2枚にした商品もある。

このほか、バンズの代わりに約35〜50gのレタスで具をはさむレタスバーガーこと「モスの菜摘(なつみ)」シリーズとして、「モスの菜摘アボカドサラダ 5種の野菜とレモンのソース」も430円で発売する。アボカドと野菜の重量が約120gと、成人が1日に必要な野菜摂取目標350gのおよそ3分の1を摂取することができる。