勢のルーティンは?(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 長い歴史を持つ大相撲には神事としての側面が色濃く残っている。土俵上での所作にも、様々な意味がある。古参親方はこう語る。

「四股は地下の邪鬼を踏みつけて遠ざける祓い清めの作法だし、土俵へ上がる力士に力水をつけたり、土俵に塩を撒いたりするのも、水や塩で穢れを落とす潔斎の意味がある。ただ、今の若い力士はそうした所作のなかに独自の“ルーティン”を持ち込んだりする。それを嘆かわしいと見る関係者がいる一方で、お客さんたちが“個性”として喜んでいるのも事実ですね」

 よく知られているのは関脇・琴奨菊が時間いっぱいでみせる「琴バウワー」だ。最後の塩を掴んで土俵の中央に向き直ったところで、上半身を大きく仰け反らせる。フィギュアスケートの技・イナバウワーにちなんで名付けられた。

「琴奨菊が初めて大関獲りに挑戦した2011年7月場所、終盤に連敗を喫した。その時にイチローの本を読んでルーティンの必要性を知り、自分なりに考え出した動きだといいます。取り入れた翌場所に12勝を挙げて大関に昇進。以来、ずっと続けています」(担当記者)

 イチローの打席に入る直前の動作やラグビーの五郎丸歩がキック直前に人差し指を立てて手を合わせる動きは、集中力を高めるためのものとして知られるが、角界では「ゲン担ぎ」の意味合いが込められたものが少なくない。

 横綱・白鵬は最後の仕切りの後、小走りに塩を取りに行く場面がお馴染み。汗を拭くタオルは必ず左手で受け取る。

「さらに塩を取る時、花道の奥にいる付け人と目を合わせるのも決めごと。気合いを入れるスイッチにしているわけですが、付け人はよそ見も油断もできない(笑い)」(同前)

 最後の塩を小走りで取りに行くのは前頭6枚目の勢も同じで、「十両に上がってから始めた手順」(若手親方の一人)だという。十両で昇進場所優勝(2011年11月場所)を果たし、その後も同じ手順を続けている。

 時津風部屋の東農大出身コンビである正代(前頭5)と豊山(新入幕・前頭16)は、白鵬と同じく時間いっぱいで花道奥の付け人と目を合わせる。

「付け人と目が合うと小さくコクリとうなずき、土俵の中央に向き直す。土俵に向かう前に花道の奥で付け人のほうに振り向いて気合いを入れることも含め、2人とも全く同じ動作なので、何か由来があるのかもしれません」(同前)

 かつて水戸泉(元関脇、現・錦戸親方)は、塩を大量に撒くパフォーマンスで場内から喝采を浴び、「ソルトシェイカー」と称されたが、それを受け継ぐのが十両・旭日松だ。

「2012年5月場所で初日から10連敗した時に始めたもの」(後援会関係者)だという。自分が撒いた塩に足を滑らせて取組に敗れたこともあるのはご愛嬌か。

 立ち合い直前、右手を口に当てて「ホオッ!」と奇声をあげていたのは前頭12枚目の琴勇輝だ。一昨年3月場所の力士会で、横綱・白鵬から「犬じゃないんだから」と注意を受けた。当時、同じような声をあげていた千代鳳(現・十両)は白鵬の指摘を受けて自粛。

「それでも琴勇輝は続けていたのですが、昨年5月場所の前に審判部から“所作が乱れている。目に余る”と注意され、封印せざるを得なくなった。その後は、最後の塩を取りに行く時に、両手首をグルグル回す仕草をするようになった。どこまでが許されるのかの線引きは微妙です」(協会関係者)

※週刊ポスト2017年6月2日号