ふんわり、とろり。10分でできる「絶品フレンチトースト」の作り方

写真拡大

あなたは、無性にフレンチトーストを食べたくなるときがありませんか? あの「ふわふわ、とろり」とした食感を思い出すだけで、お腹が空いてきますよね。そこで今回は、思い立ったらすぐに作れるフレンチトーストのレシピをフードコーディネーター・須賀いづみさんに教えてもらいました。また、作りすぎてしまったときの保存方法やアレンジレシピも必見です。

■10分でつくれる「絶品フレンチトースト」の作り方

<材料>

・食パン 1枚(4枚切り)
★牛乳 100cc
★卵 1個
★砂糖 大さじ2
★バニラエッセンス 2滴(あれば)
・ バター 10g

<作り方>

1.食パンの耳をカットし、食パンを2等分にカットする。★を混ぜ合わせて、浸し液を作る。
2.ポリ袋に、混ぜ合わせた★、食パンを入れたら、空気を抜き、ポリ袋の口をしっかり結ぶ。全体に液が行き渡るようにし、このまま3分放置する。

3.中火で熱したフライパンにバターの半分を溶かし、2の食パンを焼いていく。焼き色がついたらひっくり返し、弱火に落とす。残りのバターを溶かし、裏面も焼き色がついたら完成。お好みでハチミツやメープルシロップをかけてください♪

<ポイント>

・ポリ袋に密閉して液を浸けることで、短時間でパン全体に染み込ませることができます。
・シンプルなフレンチトーストの場合は、食パンの耳をカットすることによって、よりふんわり感を楽しむことができます。
・裏面を焼くときは、中火のままだと焦げやすいので(フライパンの温度が上がっているため)、弱火に落としてじっくり中まで火を通しましょう。

■余ったフレンチトーストをおいしく保存する方法

食べきれなかったフレンチトーストは、冷蔵もしくは冷凍保存が可能です。そのとき、必ず「焼いてから」保存するのが大事なルール。卵や牛乳は生のままだと傷みが早いので、食べきれない場合でも、まずは焼きましょう。

1.焼き上がりのフレンチトーストは冷ましてラップに包みます。

※さらに保存袋に入れると、なおいいです

2.このまま冷蔵庫または冷凍庫へ。冷蔵の場合、2日以内に食べ切るようにしましょう。冷凍であれば、1カ月以内に食べてください。
3.食べるとき、冷蔵の場合は電子レンジで温めるか、フライパンで焼き直します。冷凍の場合は、冷蔵庫に移して半日以上置き、解凍させます。そのあとは、電子レンジで温めるか、フライパンで焼き直しましょう。

■フレンチトーストのアレンジレシピ・4つ

◇ベーコン&目玉焼きのせフレンチトースト

<材料>

〜フレンチトースト〜
・食パン 1枚(4枚切り)
★牛乳 100cc
★卵 1個
★砂糖 大さじ1
・ バター 10g

〜トッピング用〜
・ベーコン 2枚
・卵 1個
・黒コショウ 少々

<作り方>

1.★を混ぜ合わせておく。
2.ポリ袋に、混ぜ合わせた★、食パンを入れたら、空気を抜き、ポリ袋の口をしっかり結ぶ。全体に浸し液が行き渡るようにし、このまま3分放置する。
3.中火で熱したフライパンにバターの半分を溶かし、2の食パンを焼いていく。焼き色がついたらひっくり返し、弱火に落とす。残りのバターを溶かし、裏面も焼き色がついたらOK。目玉焼きとカリカリに焼いたベーコンを乗せて、黒コショウを振れば完成!

<ポイント>

・朝食の定番メニューをフレンチトーストに全部のせメニュー。ボリュームもインパクトも満点!
・甘い&しょっぱいを同時に感じられるので、味に飽きることなく最後まで食べられます。
・ボリュームのあるメニューなので、パンの耳はつけたまま、カットせずに焼きましょう。

◇アボカドディップサンドイッチ

<材料>

〜フレンチトースト〜
・食パン 1枚(6枚切り)
★牛乳 100cc
★卵 1個
★砂糖 大さじ1
・バター 10g

〜ディップ用〜
・アボカド 1個
・ミニトマト 5個
・マヨネーズ 大さじ1
・塩コショウ 適量

<作り方>

1.食パンは半分にカットする。★を混ぜ合わせておく。
2.ポリ袋に、混ぜ合わせた★、食パンを入れたら、空気を抜き、ポリ袋の口をしっかり結ぶ。全体に浸し液が行き渡るようにし、このまま3分放置する。
3.アボカドディップを作る。アボカドはフォークの裏でしっかりと潰し、トマトは1/4のサイズにカットする。マヨネーズと塩コショウを混ぜ合わせてディップ状にする。
4.中火で熱したフライパンにバターの半分を溶かし、2の食パンを焼いていく。焼き色がついたらひっくり返し、弱火に落とす。残りのバターを溶かし、裏面も焼き色がついたらOK。焼き上がったパンに、ディップを挟んで完成!

<ポイント>

・フレンチトーストはサンドイッチとしてもオススメ! 今回はディップを挟みましたが、少し冷ましてから生クリームとフルーツを挟めば、フルーツサンドもできちゃいます。
・ナイフとフォークで食べるサンドイッチです。

◇ティラミス風・コーヒー味のフレンチトースト

<材料>

〜フレンチトースト〜
・バゲット 2切れ(4cm幅にカット)
★牛乳 100cc
★卵 1個
★砂糖 大さじ2
★インスタントコーヒー 大さじ1
・バター 10g

〜トッピング用〜
・生クリーム 適量
・ココアパウダー 適量
・ベリー系フルーツ 適量(あれば)

<作り方>

1.★を混ぜ合わせておく。
2.ポリ袋に、混ぜ合わせた★、バゲットを入れたら、空気を抜き、ポリ袋の口をしっかり結ぶ。全体に浸し液が行き渡るようにし、このまま3分放置する。
3.中火で熱したフライパンにバターの半分を溶かし、2のバゲットを焼いていく。焼き色がついたらひっくり返し、弱火に落とす。残りのバターを溶かし、裏面も焼き色がついたらOK。皿に盛り、ホイップクリームをのせ、最後にココアパウダーをかければ完成! お好みでベリー系のフルーツをのせるのもオススメ。

<ポイント>

・もちろん食パンで作ってもOK! 今回は厚めにカットしたバゲットを使用して、スイーツでも食べ応えがある一品に。
・インスタントコーヒーを液に溶かすことで、一気にコーヒー味に変身します。
・バニラアイスやマスカルポーネチーズを添えるのもオススメです。

◇さっぱり爽やか! オレンジ風味のフレンチトースト

<材料>

〜フレンチトースト〜
・バゲット 2切れ(4cm幅にカット)
★100%オレンジジュース 100cc
★卵 1個
★砂糖 大さじ2
・バター 10g

〜トッピング用〜
・マーマレードジャム 適量
・カットしたオレンジ 適量(飾り用)

<作り方>

1.★を混ぜ合わせておく。
2.ポリ袋に、混ぜ合わせた★、バゲットを入れたら、空気を抜き、ポリ袋の口をしっかり結ぶ。全体に浸し液が行き渡るようにし、このまま3分放置する。
3.中火で熱したフライパンにバターの半分を溶かし、2のバゲットを焼いていく。焼き色がついたらひっくり返し、弱火に落とす。残りのバターを溶かし、裏面も焼き色がついたらOK。皿に盛り、オレンジを飾ったら完成。お好みで柑橘系のジャムを添えるのがオススメです。

<ポイント>

・もちろん食パンで作ってもOK! 今回は厚めにカットしたバゲットを使用して、スイーツでも食べ応えがある一品に。
・牛乳をオレンジジュースにアレンジすることで、夏にもピッタリのさっぱりフレンチトーストになります。
・柑橘系のジャムの他にも、メープルシロップとも相性がいいです。

■まとめ

見ているだけでお腹が空いてきそうなレシピばかり。冷蔵庫にある材料でパパッと作れるので、時間のない朝にもピッタリです。また、時間のある週末は、作り置きしていたフレンチトーストをアレンジして、贅沢なブランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(監修:須賀いづみ)