オーディオブランドとのコラボモデルが4色のボディカラーで登場

ジープ最小のSUV「レネゲード」において、もっともオフロード性能を重視したグレード「トレイルホーク」に、オーディオブランド「Beats by Dr. Dre」製オーディオを装着したコラボレーションモデル「ビーツ・エディション」が、6月10日より200台限定で発売される!

「ジープ・レネゲード・トレイルホーク・ビーツ・エディション」に装着される「Beats Audioプレミアムサウンドシステム」は、サブウーハーを含む合計9基のスピーカーをインパネ、前後ドアおよびカーゴエリアに配置。506W・8チャンネルのパワーアンプと組み合わせ、臨場感のあるサウンドで音楽を楽しめる1台に仕上げている。

設定される外装色および限定台数は、コロラドレッドが50台、オマハオレンジが65台、ジェットセットブルーメタリックが50台、ソーラーイエローが35台の、合計4色、200台となる。

このうちオマハオレンジとジェットセットブルーメタリックは、カタログモデルのトレイルホークに設定のない専用色となる。 また、「トレイルホーク・ビーツ・エディション」の購入者全員にBluetoothワイヤレススピーカー「Beats Pill+(ビーツ・ピル+)」がプレゼントされる。

これらの装備やプレゼントを付属しながら、価格はベース車両のトレイルホークと同じ3,456,000円と、非常に特別かつお買い得なモデルとなっている。