東武鉄道とドコモは22日、2020年にサービス開始を目指している第5世代移動通信方式(5G)を使ったサービスが体感できる「5Gトライアルサイト」を東京スカイツリータウンにオープンした。28日まで。

 東京ソラマチイーストヤード1階に、天望デッキ(地上350m)の6つの4Kカメラからの180度ライブ映像を大型液晶ビジョン3面で見られるスペースを設置。5Gの特徴である「高速・大容量」通信を体感できる。

 また、東武電鉄の新型特急車両「リバティ」乗車客にも、5G通信を体感できるサービスを実証実験として提供する。期間は7月1日から8月31日まで。サービス内容は、車内で利用できる無料公衆無線LANサービス「TOBU FREE Wi-Fi」の通信環境下で、雑誌の最新号やバックナンバーなど700冊以上がタブレットやスマートフォンで読み放題となる「dマガジン for Biz」サービスと、観光パンフレットなどを受信できる「ささっとパンフ」サービス。

 さらに、22日には「5Gトライアルサイト」の第一弾として、世界で初めて5Gの試験電波を使った8Kライブ映像配信を実施。天望デッキ(地上350m)からのライブ映像を再生することに成功した。また、「リバティ」の車内で、運転席から事前に撮影した4K映像を8台のタブレットに同時に再生するデモを実施した。

 両社は、これらの実証実験を行うことで5Gサービスの利用に関する動向を分析し、今後の新しいサービスコンテンツの開発につなげていくとしている。