語学は教科書では習得できない! だから2歳から家庭で「○○○○」

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が5月25日に発売される。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

いよいよ2020年から
始まる英語改革

「告白は子どもがするもの、大人は誘惑してください」

 今年の冬ハマっていたTBS火曜ドラマ「カルテット」。
 女主人公のひとり(満島ひかり)に、その道に詳しい女性(吉岡里帆)が、彼氏のつくり方を伝授するセリフがこれ。
 また、同ドラマには高橋一生のこんなセリフも。

「好きな人には好きって言わずに、『会いたい』って言うでしょ。
 会いたい人には会いたいって言わずに、『ごはん行きません?』って言うでしょ」

 まさにいま、2020年に向けて英語教育が大きく変わろうとしている日本ですが、日本の語学教育(英語だけではなく実は日本語も)には「誘惑」と「それに付随する具体例」がありません。

 ひたすら他人の書いた文章を解釈するだけ、文法を限界までひねってみるだけ、テンプレのような会話をなぞるだけと、まさに与えられた材料を無目的に分析するだけで終わりです。

 2020年から始まる文部科学省による英語改革は、英語4技能(読む、聞く、話す、書く)を小中高でしっかり導入して、本物の英語を使える子どもを育てて、2050年の国際社会で日本人が活躍できることをイメージしています。

 しかし、告白はできても、誘惑なんてとてもできないのが普通の日本人。
 中学や高校で、英語改革の象徴とも言うべき英語プレゼンやディベートの授業がこれからさかんに行われるはずですが、おそらく平均的な学校では、授業は「公開『告白』大会in English」になるのではと非常に恐れています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)