米ボストン在住のソフィーちゃんは、2014年に新しい家族を見つけた保護ネコだ。

彼女が新しい家で手に入れたのは、飼い主からの愛情だけではなかった。近所のネコ、スコッティ君の熱い視線も手に入れたのだ。

どのくらい熱い視線かというと、これくらいだ。

▼見てる

▼すっごい見てる

▼めちゃくちゃ見てる

数週間かけて距離を縮めた2匹

飼い主がLove Meowに語ったところによると、スコッティ君が初めてソフィーちゃんを見たのは、彼女の初めてのお散歩のとき。その時から熱い視線を送り続けていたものの、ソフィーちゃんは無関心。

スコッティ君は、ただ見つめるだけで近づこうとはしなかったという。

それが数週間経ったある日、突然ソフィーちゃんの元にやってきて挨拶をしたのだとか。

すっかり熱々な2匹

▼お散歩も一緒に

▼デートのお誘い

▼6:30には毎朝こんな風に見つめあっているのだとか

▼ときにはツンデレをかますソフィーちゃん

▼意識しているのに素直になれないふたり

▼一人きりのお散歩はどこか寂しそう?

まるで人間のカップルのようなソフィーちゃんとスコッティ君。出会ってからもう2年ほど経っているそうだ。

ソフィーちゃんのInstagramには現在11万人を超えるフォロワーがおり、ソフィーちゃんの日常を、そしてふたりの恋を見守っている。