OH MY GIRL「Coloring Book」活動終了の感想を伝える…“音楽的に成長できた”

写真拡大

“コンセプトの妖精”OH MY GIRLが4thミニアルバム「Coloring Book」活動終了の感想を伝えた。

OH MY GIRLは21日のSBS「人気歌謡」のステージを最後に、4thミニアルバム「Coloring Book」を通じての約7週間のアルバム活動を終了した。

リーダーのヒョジョンは所属事務所WMエンターテインメントを通じて、「今回の『Coloring Book』の活動は、準備する過程からどんな点をお見せするべきか私たちが自ら非常に悩んだアルバムであったのに、多くの方々がたくさん愛して、私たちメンバーが熱心に準備してレコーディングした収録曲もたくさん聞いてくださって、本当に幸せだった活動でした」と明らかにした。

引き続き「一層音楽的にも成長したアルバムだったと思います。OH MY GIRLのエネルギーと『Coloring Book』の歌の中間に、『10本指』の力強いエネルギーが合わさって、活動する時に私たちメンバー全員が楽しくステージに立てたようです」として、「アルバム活動をしていて『OH MY GIRLらしい』という話を聞いたことがあるが、次のアルバムでも私たちOH MY GIRLならではの魅力で、より一層すばらしくて素敵なステージをお見せしたいです」と話した。

OH MY GIRLの4thミニ アルバム「Coloring Book」の同名タイトル曲「Coloring Book」はOlleh Musicで1位、Bugs!で3位など、主な音楽配信リアルタイムチャートの上位圏にランクインして視線を引いた。さらに音楽配信チャート1位を記録したことは、デビューして初めてOH MY GIRLのとどまることのない人気の上昇を立証した。

特に今回のOH MY GIRLのアルバムは、OH MY GIRLならではのアイデンティティを失わないながらも多様な曲で、キュートに完成したアルバムとして注目されていた。ポップからアコースティック、パンクロックなど多様なジャンルが収録されたアルバムには、OH MY GIRLが持っている愛に対する世界観が続き、その中に一つでない多彩な少女のイメージと感性を表現した。

またOH MY GIRLならではのストーリーテリングが加味されたパフォーマンスステージまで連結して、OH MY GIRLのトレードマークである音楽を聴く面白さと、ステージを見る面白さまで充足させたという評価を受けた。

なお「Coloring Book」で成功的なアルバム活動を終えたOH MY GIRLは、当分休息を取る予定だ。