貿易収支、4月は4817億円の黒字、輸出・輸入額共に増加

写真拡大

 財務省が22日に発表した4月分貿易統計(速報)によると、17年4月の貿易収支(輸出額から輸入額を差し引いた額)は4,817億円の黒字だった。貿易黒字は3カ月連続のこと。輸出額は前年同月比7.5%増の6兆3,292億円で5カ月連続プラス。一方で、輸入額も同15.1%増の5兆8,475億円で4カ月連続プラスとなっており、黒字幅は同40.6%減となった。輸出額では「半導体等製造装置」(同29.9%増)、「鉄鋼」(18.1%増)、「原動機」(同16.4%増)、輸入額では「原粗油」(同61.0%)、「石炭」(同78.8%増)、「通信機」(同57.2%増)等が前年に比べて大きく増加した

【16年度は】貿易収支、16年度は6年ぶりに黒字、東日本大震災後初めて

 貿易統計は輸出入された貨物について金額、数量を品目別、国(地域)別に示したもので、毎月公表されている。輸出に関しては当該輸出貨物を積載する船舶又は航空機の出港の日、輸入は当該輸入貨物の輸入許可の日をもって計上される。

 地域別の貿易動向を見ると、アメリカとの貿易収支は輸出額が前年同月比2.6%増の1兆2,322億円(3カ月連続増)、輸入額は同9.8%増となる6,455億円(2カ月連続増)。差引5,867億円の黒字だが、黒字幅は同4.2%減となり2カ月連続で前年割れとなった。輸出額の増加品目は「自動車」(同4.1%増)、「原動機」(同20.2%増)、「自動車の部分品」(同13.0%増)等が、輸入額では「液化石油ガス」(同272.3%増)、「穀物類」(同41.5%増)、「石炭」(同202.2%増)等が前年を上回った。

 EUとの貿易収支は、輸出額が前年同月比2.2%増となる7,178億円(3カ月連続増)、輸入額が同5.4%増となる6,568億円(2カ月連続増)となり、差引611億円の黒字となった。対EUの黒字は3カ月連続。輸出額の増加品目は「原動機」(同28.5%増)、「二輪自動車」(同59.5%増)、「建設用・鉱山用機械」(同26.6%増)等、輸入額の増加品目は「医薬品」(同12.3%増)、「自動車」(同5.3%増)、「半導体等電子部品」(同69.3%増)等。

 中国との貿易収支は、輸出額が前年同月比14.8%増の1兆1,877億円(6カ月連続増)、輸入額が同7.5%増の1兆4,307億円(2カ月連続増)となり、差引2,430億円の赤字となった。対中国の赤字は2カ月連続。輸出額の増加品目は「科学光学機器」(同30.9%増)、「自動車の部分品」(同24.8%増)、「鉄鋼」(同22.9%増)等、輸入額の増加品目は「通信機」(同71.5%増)、「音響映像機器(含部品)」(同8.2%増)、「科学光学機器」(同9.5%増)等だった。